スタッフブログ

暑さで夜寝苦しい方へ。暑い夏でもぐっすり眠れる寝室づくりのコツ

中川義仁 自己紹介へ

暑がりなので、日に何枚も着替えをします。
大阪・枚方で高気密高断熱の家づくりを行う、中川忠工務店の中川義仁です。

夏は暑いもの・・。
しかし、その暑さは年々厳しくなっているようにも感じます。
年齢のせいもあるのかもしれませんが(笑)

どんどん暑さが厳しくなってくると、夜も気温が下がりにくくなり熱帯夜がやってきます。
(熱帯夜とは日本の気象庁の用語で、夜間(夕方から翌朝まで)の最低気温が25℃以上のことを言います。)

 熱帯夜になると、一気に夜寝苦しくなるという方が増えます。

寝室はなぜ暑くなりやすいのか

寝室は暑いと感じる方が多いようです。
その理由としては、寝室は、たとえば2階建ての住宅なら最上階の2階にあることが多いです。

屋根のすぐ下にある2階のお部屋は、日中、屋根に降り注ぐ夏の熱い日差しの熱が伝わりやすい場所。
熱い日差しに照らされ続け、屋根からお部屋へと伝わる熱は夜になってもおさまらず、熱を放出します。
また、冷たい空気は下へたまる性質があるため、涼し空気は1階へと流れやすくなります。

・日中に入り込んだ熱が夜になっても部屋にこもり熱さがとれない
・冷気は下へと逃げていく

大きく言うと、この2つの理由により、2階にある寝室は暑くなりやすいと考えています。

朝までぐっすり眠れる寝室にするためには

暑さで夜中に目が覚める、というお悩みはありませんか。
暑い夏、涼しい寝室を保つことは朝までぐっすりと眠るためにも大切なこと。
睡眠不足は健康にも良くないですし、翌日の仕事や勉強などの作業効率に影響がでます。

では、暑くて寝苦しい寝室で朝まで快眠を手に入れるのにはどうしたらよいのでしょうか。

まず、すぐにできる対策としては、冷房を適切に使うこと。
寝るときだけ冷房をつけて、数時間後にタイマーで冷房を切るようにしていると、冷房が切れた途端に部屋が暑くなり目覚めてしまう原因になります。
従って、暑い熱帯夜は冷房を適切な温度で朝までつけることがおススメ。

そして、断熱性が低いおうちでは冷房が効きにくいという難点があります。
冷房が効きにくいと冷房費のコストもかかりますので、家自体を暑さから守る対策がおススメです。

2階が暑くなる大きな原因は、屋根の部分の断熱性が足りていないことが考えられます。
直射日光が当たり続ける屋根部分は、熱を断つ断熱材をしっかりと入れましょう。


【屋根に入れる断熱材は、夏の熱い日差しから家を守ってくれる枠割がある】

また、家が暑くなる大きな原因に、開口部(窓や玄関など)の断熱性の低さがあります。

最も暑さが入ってくる原因である窓や玄関の断熱性を上げることで、熱の流入を抑制することができます。


【窓の高断熱化はこれからの家づくりに欠かせないポイントです】

熱い日差しが当たり続ける窓には、日差しを建物の外部でカットする対策を(外付けブラインド・シェード・よしず・すだれなどで日射遮蔽しましょう)

 日が落ちて夜になると日差しが当たらない分涼しくなりそうなイメージですが、日中に家の入ってくる熱は、夜になってもおさまるどころか熱を放出し続けますので注意が必要です。

夜ぐっすり眠れる寝室づくりには、日中熱をいかに家の中に入れないようにする工夫が大切です。

 
【日射遮蔽にシェードは効果的】

 

まとめ

寝室が暑くて寝苦しいというお悩みには、「熱を家の中に入れない対策」をしましょう。

・熱が最も入ってくる窓を高断熱化(アルミサッシに単体窓は断熱性が低いので、樹脂窓に交換、もしくは樹脂窓の内窓設置を)
・断熱材が足りていない場合は、断熱材を入れなおす高断熱リフォームを
・熱い日差しを家にいれないように、適切な日射遮蔽を

そして、決して無理な我慢はせず、冷房は適切に使いましょう。
窓を開けて扇風機を回しても、熱さは取れないです。
冷房をつけて、サーキュレーターで風をかくはんさせるのがおススメです~

暑い夏は涼しい寝室で朝まで快眠!で、翌日も元気に過ごせますように。

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます↓↓↓

友だち追加

記事一覧

1ページ (全43ページ中)

ページトップへ