真冬に暖かなパッシブハウスを体感!お住まい中の家を見学できます【大阪パッシブハウス見学会】

真冬に暖かなパッシブハウスを体感!お住まい中の家を見学できます【大阪パッシブハウス見学会】

真冬に暖かなパッシブハウスを体感!お住まい中の家を見学できます【大阪パッシブハウス見学会】
日時2024年2月22日(木)10時~15時・23日(金)10時~15時・24日(土)10時~12時
場所大阪府枚方市 ※詳しい場所はご予約時にご案内いたします

真冬の季節に、パッシブハウスの暖かさを体感できるイベントです。パッシブハウスの大きな魅力は、省エネルギーなのに家中の室温を常に快適に保てること。一年を通して、いつも心地良い空気に包まれて生活することができます。そんなパッシブハウスの快適さを、ぜひこの寒い時期に体感してみてください。また、今お住まい中のおうちを見学することができる貴重なイベントになります。実際にパッシブハウスに住んでみてどうなのか?など、オーナー様の声を直接聞くことが出来るまたとない機会です。

寒い季節に、暖かなパッシブハウスを体感できる

全国のパッシブハウス(認定申請中・認定予定を含む)を見学できる貴重なイベントが開催されます。

パッシブハウスオープンウィークス2024

詳しくは、こちら↓

https://passivehouse-japan.org/event/17994/

パッシブハウス(認定申請中や認定申請予定を含む)の建物を見学できるイベント。

パッシブハウスジャパンの賛助会員企業が、有志で行う見学会になります。

今回は、2月という真冬に行われます。
寒い時期にも、省エネルギーで快適な室温に保つことができるパッシブハウス。
寒さが厳しいこの季節に、その心地良さを実際に体感できる絶好の機会です。

予約フォーム

パッシブハウス【大阪パッシブハウス】

大阪パッシブハウス 見学会

弊社では、オーナー様に快諾いただき、
大阪パッシブハウスをご見学いただけることになりました。

パッシブハウス【隣接する母屋とのバランスを考えてデザインした、和モダンの大阪パッシブハウス】

大阪パッシブハウスは、2023年の春にお引渡し。
約10か月間、生活されています。

実際に暮らしてみてどうなのか?
オーナー様の生の声をお伺いできる、またとないチャンス!

パッシブハウス【広々とした開放的なLDK】

オーナー様の声

インタビュー【インタビュー記事にまとめました~】

「快適!」の一言に尽きる住み心地

中忠「まだ肌寒かった春先から、蒸し暑い梅雨時期までパッシブハウスで暮らされてみて、実際に住み心地はいかがですか?」

オーナー様快適、の一言に尽きます!

中忠「それはよかったです!お引渡し時の春はまだ朝晩も冷え込みましたが、寒さはいかがでしたか?」

奥様「まったく寒くなかったです!子どもはすでに半袖で過ごしていました。」

オーナー様「空調も換気のみで、あとは服装を調整するだけで暖かく過ごせました。」

LDK

中忠「今の梅雨時期はどうですか?」

オーナー様「梅雨って湿気がすごいですが、我が家は空気がいつもさらっとしていて快適です。」

奥様「ジメジメ感がなく涼しいのが嬉しいですね!空気がカラッとしているので、お風呂上りも涼しくて気持ち良いです~

湿気を感じなくなって気づいたんですが、適切な湿度って大切なんだなって思いました!」

中忠「そうですね~湿気が多くても鬱陶しいですし、湿気がなさすぎても空気が乾燥して良くないので、湿度を快適に保てるようにするのも、快適な家づくりの大きなポイントだと思います。」

キッチン

家の中の空気を機械1台でコントロールできる家

中忠「こちらのおうちは、家中の空気を機械1台で管理していますが、その機械(ヒートポンプ式全熱交換換気システム ゼンダーコンフォホーム)の使い勝手などはいかがですか?」

オーナー様「基本的に自動運転にしているので、特に不便に感じることはありません。オートでいつも快適な温熱環境になって助かっています。」

中忠「運転音はいかがですか?」

奥様「最初は音がするな~、と思っていましたが、生活していると慣れるのか、今はほとんど気になりません。」

ゼンダーコンフォーム【ゼンダーコンフォホームのリモコン】

中忠「パッシブハウスは、気密性が高く、断熱材でぐるっとおうちを包み込んでいますので、家の中が静かになります。その反面、家の中で音が響きやすいという注意点もありますが、そのあたりはいかがですか?」

オーナー様家の中の静かさには驚いています!外で雨が降っても気づかないくらいです!防音効果もすごいな~と感じています。」

奥様「そうそう、静かすぎて家が別の空間みたいに感じることがあります。

家の中の音の響きも、だんだんと慣れてきます。

逆に、1階から2階にいる子どもたちを呼ぶのに、声が通りやすいので呼びやすくて助かっています笑」

パッシブハウス【2階は使いやすい回遊できる廊下。スノコ床や格子壁は、家中快適な温熱環境に保つのに一役買います。】

中忠「間取りの使い勝手などはいかがですか?」

奥様間取りも使いやすいです!

玄関からすぐにLDKにしてもらいましたが、うちは門屋があってそこで来客対応もできるので、玄関からすぐにLDKでも気になりません。

廊下などのデッドスペースを限りなくなくしてもらえたので良かったです!」

LDK【LDKからのぞく玄関】

奥様「収納場所をそれぞれに作ってもらったので、すぐに仕舞えて助かっています。

キッチンも使い勝手がいいんです!」

キッチン【キッチン:グラフテクト】

奥様「すべて手の届きやすいところに収納があるので便利です。

食器も取りやすいので、子どもたちも食器を並べるのを手伝ってくれたりします。

家事は前より時短になって、すごく嬉しいです。

玄関のシューズクロークにハンガーもつけてもらったのがよくて、上着などはそこに掛けて、散らかりにくくなりました。」

玄関【シューズクロークの建具は、木曾檜でつくったオリジナル】

オーナー様「自由設計で、一からオリジナルで間取りが作れたのがよかったです。」

中忠「一からの間取り作りは、難しいことは無かったですか?」

奥様「中川さんや設計士さんからアドバイスもきちんといただけたので、不安なく作ることが出来ました。

また、私たち家族の思い出の建具を作っていただけたのも嬉しかったです。お気に入りです!」

建具【木曾檜でつくった、オリジナルの建具は、ご家族様の思い出の建具をイメージ】

オーナー様「子どもの遊び場を作ってもらったのは、本当によかったです!」

奥様「本当に!子どもたちはまだ小さく、遊び盛りなので、喜んで遊んでます。

梅雨は雨で外で遊べないことが多いのですが、室内に遊び場があると本当に助かります。

お友だちがきても、楽しく遊んでますね~

また、今は1階で勉強をして、2階で遊ぶっていう区切りもできてるのも良い感じです!」

子ども部屋【ボルタリング、雲梯、ブランコがある子ども部屋】

中忠それはよかったです!子どもさんの変化や、皆様の体調などはいかがですか?」

オーナー様「子どもたちは、暑い!寒い!という不満を言わなくなりましたね~

床が気持ち良いのか、ゴロゴロ床に転がっています笑

また、快適なせいか、夜ぐっすり眠れるんです。

夜中に起きることもあまりなくなって、快適に朝を迎えられます。」

奥様「子どもたちも良く寝ますね、その分早起きですけど笑

でも、早く起きても自分たちで遊び場で遊んでくれるので、助かってます~

パッシブハウス【子ども部屋にはロフトも設置】

みんな体調も良く過ごしています~」

中忠「それはよかったです!とても貴重なお話を伺わせていただき、本当にありがとうございました!」

記念撮影【以上、インタビュー記事でした】

パッシブハウスを選んだ理由

パッシブハウス【オーナー様がパッシブハウスを選ばれた理由は?】

家の寒さや暑さがとても辛かった

中忠「まずは建て替えをしようと思われたきっかけは何ですか?」

オーナー様「仕事の都合で枚方を離れていましたが、転勤で生まれ育った地に帰ってくることになりました。

生活することになった家は、既に築40年以上経っていました。

築年数は相当年数経過しているものの、リフォームして手入れしており、内部は綺麗でした。

でも、いざ暮らしてみると、夏はとても暑いですし、冬は凍えるように寒いんです。

夏や冬は、いつもエアコンを3〜4台ほど、フル稼働させていました。

パッシブハウス【機械1台で、家中の温熱環境を快適に保つパッシブハウス】

そして、2018年に大阪北部地震が起き、かなり揺れて建物が傾いたような気がして。

住まいの安全性に不安を感じるようになりました。

子供たちもまだ小さいので、地盤から安心して住める住まいにしたい。

そして、どうせ住むなら快適に過ごせて子どもが元気に育つ家にしたい。

また、出来るなら将来、子どもが住み継げるような耐久性の高い家にしたいと思い、建て替えを決意しました。」

奥様「建て替える前の家は、家の中に虫が頻繁に出るのも悩みでした。どこかにスキマがあったのかなぁ。」

パッシブハウス

パッシブハウスを選ばれた理由

中忠「パッシブハウスに興味を持たれたきっかけは何ですか?」

オーナー様「最初は、某ハウスメーカーの住宅展示場を見学したりしてました。

豪華でかっこいい家だなぁとはおもったんですが、それなりに費用が掛かります。

どうせ建てるなら、快適で長持ちする家が良いと思いました。

そして色々と調べているうちに、家ってデザインなどの見た目だけじゃなくって、性能がとても大事なんだと知りました。

更に調べていくうちに、めちゃくちゃ快適で住み心地良さそう、かつ、省エネ住宅であるパッシブハウスに出会いました。」

パッシブハウス

「中川さんなら安心してお任せできると思った」

中忠「中川忠工務店に決めてくださった理由はなんですか?」

オーナー様「できれば建築地である枚方市にある工務店が良いなぁと思って探しました。中川忠工務店さんは、パッシブハウスを建てておられる工務店で、枚方市に会社があり、まずは問い合わせをさせていただきました。

それからお会いして話をお伺いしましたね。」

オーナー様「私たちは家づくりの素人なので、分からないことだらけです。

中川さんは、私たちの疑問点一つ一つに対して丁寧にわかりやすく説明してくださったので、お話を進めていく中で、安心感がありました

中忠「嬉しいお言葉をありがとうございます!」

和室【LDKに隣接する和室には、季節の小物を飾って楽しめます】

オーナー様「やはり、実際にお会いして、中川さんの人柄がすごく良くて、中川さんになら安心してお任せできると思ったのが1番の決め手ですね!」

奥様「本当にそうですね。中川さんはフットワークもとても軽くて、何かあるとすぐに来てくださったので、不安なく家づくりを進めることができてありがたかったですー」

という、めちゃくちゃ嬉しいお話を伺うことができました。

本当にありがとうございます!

パッシブハウス

 

パッシブハウス【隣接する和室の建具は、基礎檜で作ったオーダーメイド】

大阪パッシブハウスの見どころ

大阪パッシブハウスの大きな魅力は、その住まいの快適性です。

毎日の暮らしが劇的に変わる!

その心地良さは写真では伝わりにくいところ。

実際に訪れるからこそわかる、整った温熱環境に身を置く心地良さ・体にやさしい空気環境・快適さを、ぜひ体感していただきたいです!

パッシブハウス【ヒトの体に一番やさしい温熱環境で生活すると、風邪を引きにくくなったり、アレルギー症状が緩和されたり、健康にも心にもやさしい住まいになります】

予約フォーム

大阪パッシブハウスの特長

1,機械1台で暖房・冷房・換気・除湿・空気清浄を行う快適な温熱環境

2階建て、建築面積約44坪のおうちの空調と換気を、機械1台で行えるように綿密に設計計画された大阪パッシブハウス。

空気が上手に循環するように、吹抜け、スノコ床、格子の壁などを採用。

吹抜けをつくっても寒くなることない、
究極に心地良い温熱環境になるように仕上げています。

パッシブハウス【心地良い温熱環境を保てる工夫が詰まっています】

2,家事動線を意識して、家事の時短を実現

自由設計で、イチからオーナー様と作り上げた唯一無二のおうち。

丁寧にヒアリングをかさね、オーナー様・ご家族様が使いやすい住空間に仕上げます。

特に家事スペース(キッチン・脱衣室から家事室、ランドリールームから収納スペースなど)は、使いやすさを重視して間取りを工夫します。

パッシブハウス【造作で製作した洗面台。子どもたちの靴の付け置き洗いなどがしやすく、奥様に喜んでいただいています】

使いやすい家事動線で、毎日の家事の負担を軽減。

パッシブハウス【キッチンはグラフテクト。オーナー様のご要望を最優先に、住みやすい間取りを作り上げていきます】

3,子どもが元気に過ごせる家に

整った温熱環境・空気環境は、育ち盛りの幼い子どもたちの心身に良い影響を与えます。

冬の朝、寒くて布団から出られない!なんてぐずることなく、毎朝元気に起きてくれます」とオーナー様。

寒い時季でも家の中は暖かく快適なので、「寒くて動きたくない・・・」ということが無く、子どもたちは元気に活動してくれます。

パッシブハウス【快適な温熱環境を保つために重要なポイントは、窓!トリプルガラスの樹脂窓は、断熱性気密性共に高く超高性能】

そして、子ども部屋の工夫です。

子ども部屋は、まずは大きく間取りを取って、子どもたちが家でも楽しく遊べるように、ボルダリング・雲梯・ブランコなどを設置。

成長に合わせてお部屋を区切れるようにしています。

パッシブハウス【雨の日も元気に遊べる子ども部屋。お友だちが来ても楽しく過ごせます!】

パッシブハウス【暑い夏でも涼しい室内で元気に遊ぶ子どもたち】

大阪パッシブハウスのオーナー様は、パッシブハウスの快適さに大変ご満足いただいていて、

こんな素晴らしいパッシブハウスの家づくりを多くの方に知っていただきたいし、パッシブハウスが増えることを心から願っています

と、見学会の開催にも協力いただいています。

パッシブハウス【パッシブハウスを選ばれたきっかけなども、インタビュー記事でまとめています(クリックして読んでみてね)】

予約フォーム

パッシブハウスってどんな家?

パッシブハウスって興味があるけどどんな家かわからない~、という方も、見学会でパッシブハウスについてご説明させていただきますので、ご安心くださいね。

パッシブハウス

パッシブハウスとは?

パッシブハウスとは、環境先進国ドイツで、物理学者ファイスト博士が導き出した、家の省エネ基準を満たす、住宅のことをいいます。

世界からみても、非常に厳しい基準で、
気候変動を止めるために、これからの家の燃費はこれくらいに抑えないといけない

そのために必要なエネルギー効率設計はこう」 など、
綿密に計算されています。

その基準を満たすために、自然の力を利用したり、建物自体の性能を徹底的に高める必要があります。

ドイツから発祥したその基準は、今ではヨーロッパを飛び出し、世界各地で、その土地の気候風土にあわせて進化しながら普及しています。

パッシブハウス【玄関を入った瞬間に家の中の空気が変わります】

予約フォーム

日本でのパッシブハウス-Passive House-

ヨーロッパでは現在、燃費の悪い家は建てられなくなってきています。

世界からみると、30年以上遅れていると言われている日本の住宅性能ですが、少しずつ向上していますが、それでもまだ遅れています。

高温多湿な日本において、少ない冷暖房エネルギーでも、夏は涼しく冬は暖かく保てる省エネルギーなパッシブハウスを建築するために、日本の気候風土に合わせた特別なノウハウがあります。

そんなパッシブハウスの基準を満たす、日本でのパッシブハウスは下記のサイトからご覧になれます。

https://passivehouse-japan.org/works/(クリックしてね)

中川忠工務店では、現在、大阪パッシブハウスと宇治パッシブハウスの2棟を建築。

パッシブハウス【宇治パッシブハウス】

パッシブハウス【今回ご見学できる、大阪パッシブハウス】

世界的にみても非常に厳しい省エネ基準をクリアして、はじめて認定を受けることができるパッシブハウス。

一年中快適で心地良く、身体にやさしい暮らしを実現し、かつ、省エネルギー。

環境にやさしい家づくりで、少ない冷暖房エネルギーでも、快適に過ごせる住環境をつくります。

その究極に快適な住み心地を体感できるのが、パッシブハウスの大きな魅力です。

パッシブハウス【冬にあたたかな日差しをとりこむため、南面には大きな開口部を設けています】

予約フォーム

パッシブハウスをつくる想い

なぜ、私たち中川忠工務店はパッシブハウス高断熱高気密住宅にこだわるのか?

それは、そこに住む人の暮らしが変わることを知っているからです。

きっかけは、最愛の弟との永遠の別れ

もう数十年前になります。

中川忠工務店で一緒にがんばってくれた弟が病気で急死しました。

まだ、40歳を過ぎたところ。
早すぎる別れでした。

病名は、「急性心筋梗塞」。

発症してすぐに適切な処置を受けられたら良かったのですが、病院では食あたりと言われ、容態が急変したときには手遅れでした。

元気に職場で別れた土曜日の深夜に倒れ、翌々月曜日の早朝、空へ旅立ってしまいました。

あまりにも突然で、家族みんな大きなショックを受けました。

パッシブハウス

人生には限りがあること、
大切な人とまた明日も会える保証はないこと、
別れは突然にやってくることがあること、

分かっていても、なんとなく他人事のように感じていたことを、深い悲しみ共に実感しました。

命の大切さ、健康の大切さ、家族や大切な人と過ごす何気ない毎日の有難さ、貴重さ・・・。

誰だって、出来る限り長く、毎日を家族や親しい人たちと元気で過ごしたいと願っています。

だからこそ、身体に優しく健康に良い影響を与える家づくりがあるなら、家を作るものとして、家族の元気や笑顔を守れる家づくりをしていきたい、行うべきだと強く思いました。

パッシブハウス【和モダンな和室】

今の日本の住宅は、寒くて暑い。冬季は寒暖の差が体に負担をかけることも

私も長く家づくりに携わってきましたが、
今までの日本の住宅は、やはり、夏は暑くて冬は寒い。

特に昨今の夏は異常に暑く、家の中にいても熱中症を発症するリスクがあり、最悪の場合、死に至る事さえあります。

また、逆に冬は寒い。

問題なのは、日本の住宅に多い局所暖房。

暖房をつけている部屋と、無暖房の部屋、廊下、トイレ、浴室などとの温度差が大きく、
その激しい温度差から、ヒートッショックを引き起こすリスク高まり、
それにより、心筋梗塞をはじめ、脳梗塞や動脈硬化など、命の危険にさらされたり、命が助かっても後遺症に悩まされるような、重篤な病を発症することがあります。

弟が心筋梗塞を発症したのも、まだ寒さが残る3月でした。

家の寒さが原因だったのかどうかはわかりませんが、なにか手立てがあるならば、室温にムラのない、あたたかな住宅であったならと悔いが残ります。

家が住む人の凶器であってはならないと、心の底から思います。

パッシブハウス

だからこそ、世界からみても遅れている日本の住宅性能を向上させるべきだと強く感じました。

高い住宅性能を誇る、パッシブハウスの家づくりは、これからますます必要になると考えています。

パッシブハウス【玄関には広い土間収納を設け、家族と客人の上り口を分けることで、常にキレイな玄関をキープしやすくしています】

そんな想いを込めて私たちがつくる、パッシブハウス。

ご興味がおありの方は、ぜひお気軽にご見学にいらしてくださいね~

予約フォーム

大阪パッシブハウス 見学会概要

  • 所在地:大阪府枚方市(ご予約時に詳しい場所をお知らせいたします)
  • 大阪パッシブハウスの見学可能な日程(2月21日の空き状況です)

・2024年2月22日(木)10時~15時

10時~× 11時~× 12時~〇 13時~〇 14時~〇

・2024年2月23日(金)10時~15時

10時~× 11時~〇 12時~〇 13時~× 14時~〇

・2024年2月24日(土)10時~12時

10時~× 11時~〇

※1時間毎に1組様ずつのご案内になります

◎大阪パッシブハウスの見学お申し込みはこちらからどうぞ!(クリックしてね

 

予約フォーム

※ご希望の日時をご連絡ください

パッシブハウス【和室からのぞくLDK。美しい木曾檜の建具も見どころのひとつ】

大阪パッシブハウス お申込み及びご見学時のお願い

  • 見学できる人数は限られています。
    先着順となっておりますので、ご興味がおありの方はお早めにお申し込みくださいね~
  • お申し込みは、現在家づくりをご検討中の方に限らせていただきます。
    (同業者様のお申し込みはご遠慮ください)
  • 実際にお住いのおうちを、特別に見学させていただきます。
    見学の際は、どうぞご配慮いただけますと幸いです。
  • 室内は写真撮影禁止です。
  • 建物内のトイレは使用できません。
  • 駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。お車でお越しの場合は、近隣の有料駐車場をご利用ください。

予約フォーム

 

◎最後になりましたが、今回、見学会の開催を快諾していただきました、大阪パッシブハウスのオーナー様には、心より感謝申し上げます。

 

予約フォーム

見学会のお知らせ施工事例集

現場レポート

*お問合せはLINEからがカンタン!24時間受付中。

LINE

 

 

参加ご予約フォーム

電話でのご予約
[営業時間] 9:00~18:00
[定休日] 日曜日、祝日