スタッフブログ

土地の選び方。安心安全な家づくりに欠かせない地盤のチェック

中川義仁 自己紹介へ
2019/05/23(木) イベント

 ずっと長く安心安全で暮らせる家づくりがしたい、中川忠工務店の中川義仁です。

先日、地盤塾の2回目の講義を受けてきました。

地盤塾というのは。

家を建てる上でとても大切なこと。

その家が建つ土地(地盤)について学ぶ塾です。

 地盤塾
【地盤塾 講義中】

大工になって今まで、大変ありがたいことにたくさんの家づくりに携わってきました。

その中で、やっぱり思うことは

家は建ててからが始まり」

だということ。

 

家が完成して初めて、その家に住まうご家族様の新しい生活がスタート。

家の歴史もそこから始まります。

雨露をしのぎ、冬の暑さや夏の暑さからご家族様を守り、毎日を心地良く過ごすための住空間。

 

家が建ってからも、いろんなことがあります。

それこそ、毎日のお掃除然り。

定期的なメンテナンス、必要な補修、など。

思いがけない豪雨や、大型の台風、

想像を絶する大きな地震などの災害が起きることも。

 

そういったことが起きても、そこに住む方たちの安全を守りたい。

そういう思いで、家づくりを行ってきました。

 

でも、

家が丈夫だったとしても、その家が建つ土地の地盤の状態が悪かったら元も子もない

家づくりを行うものとして、まずはその土地の地盤に留意することの重要さを感じています。

 

昨年起きた北海道の地震では、液状化現象で多くの家屋に甚大な被害が出ていました。

液状化現象が起きると、地面が激しく隆起したり、陥没したりします。

それによって建物が傾いたりする被害が出てしまうんです。

地面が液状化してしまったら、いくら建物が耐震等級3であったとしても被害を防ぐことは難しい。

※耐震等級とは

地震に対する建物の強さを表す等級のこと。

1~3の数値表示による3段階耐震等級で、等級3が一番耐震性の高い等級です。

また、一番多いのは、不同沈下による被害です。

地盤に問題がでてしまうと、なんらかの対策が必要になってきます。

 

だからこそ、これから家づくりをされる方には、

安心して家を建てられる土地を探して欲しい。

そして、お客様に対して正しい情報をご提供できるよう、

安心な地盤を選ぶポイントをお伝えできるように、地盤塾でしっかり学んでいます。

 家づくり
【地盤、奥が深い】

家を建てたいと思って、土地探しから行う場合。

何を基準に土地を探されるでしょうか?

まずは家を建てたい地域。

これから新しい生活をしていきたい場所から、

・最寄り駅から近いところ、徒歩か自転車で通える距離?

・子どもさんの通いたい学校の校区

・まわりの環境

・生活のしやすさ(日用品の買出しができるスーパーなどがある、コンビニや病院、銀行や郵便局の有無、など)

など、いろいろな条件を考慮しつつ、

 

いよいよ土地探しの範囲が狭くなってきたら、

・生活道路の利用のしやすさ

・陽当たり

・近隣の建物との高低差

・用途地域の確認

など、吟味するポイントがたくさんあります。

 

そして、冒頭に書きましたとおり、

地盤のチェック

を忘れずに行ってください。

 ワンコ
【みんなの安心を守りたい】

建物は地面の上に建ちますが、建物の基礎は地面の中に埋めます。

従って、この基礎が軟弱地盤など不安定であると、建物自体の安全性に不安を残します。

だから、家づくりの際に地盤調査を行うんですね。

地盤調査では、地盤の強さなどを調べますが、その結果軟弱地盤であると判断された場合、杭が必要になったりするなどの地盤改良が必要になります。

地盤改良は、ある程度のコストがかかります。

最終的には、地盤調査を行ってみないとわからない部分もあります。

しかし、想像以上に地盤に費用がかからなくてすむように、土地探しの段階で地盤を意識して選びたいですね。

そういったアドバイスができるよう、これからも地盤について学んでいきたいと思います。

 

土地探しでお困りの場合は、お気軽にご相談ください。

 

 

 インディアンカレー
【おまけ:大阪市内に出たら、食べたくなるインディアンカレー】

 

 本日は以上です!

 

■□あたたかく過ごせる家づくり。家族が笑顔で元気に過ごせる住宅を建てる□■

株式会社中川忠工務店

大阪府枚方市長尾元町6丁目52番7号

お問合せ 072-857-6138

メール info@nakagawachu.com

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます↓↓↓

友だち追加

記事一覧

1ページ (全32ページ中)

ページトップへ