スタッフブログ

本格的に寒くなる前に、おうちも冬に備えて断熱リフォーム

中川義仁 自己紹介へ

日中はまだまだ暑いくらいですが、朝晩はめっきり涼しくなってきましたね~
中川忠工務店の中川義仁です。

暑い暑いが口癖でしたが、あっという間に寒い冬がやってきそうです。

夏は家の中の暑さでお悩みの方が多いですが、冬は冬で家の中の寒さのご相談を多く頂戴します。

家の中の暑さ・寒さの原因はほとんど同じで、「家の断熱性能が低いこと」に起因します。
家自体が外気温に影響されやすいから、外が熱くなれば家も暑くなり、寒くなれば家の中も寒くなるというわけです。

つまり、この熱の伝わりを断つ(=家を高断熱化する)ことで、夏の暑さ対策にも、冬の寒さ対策にもなるわけです。
まさに一石二鳥。

暖房器具を買い足したり、性能の良いエアコンに取り替えるより前に、まずは家の根本的な断熱性能を見直してみましょう。
結果、暖房や冷房の効きがよくなりますので、省エネ効果も上がり、光熱費削減にもつながります。



本格的に寒くなる前に、家の寒さ対策:断熱リフォームを

 以前より「部屋が寒い」というお悩みを頂戴しておりました、M様宅。
もっと暖房の効きを良くして、暖かいお部屋で冬を過ごしていただけるように、今回断熱リフォームをさせていただきました。

断熱リフォームというと、大がかりな工事を想像されるかもしれません。
もちろん、手をかけてしっかりと高断熱・高気密化を行う性能改善リノベーションを行うと、工事費も工事期間も掛かることがあります。
その分家全体の住宅性能が向上し、より夏は涼しく冬はあたたかい、健康的に過ごしやすい住空間に仕上げることができます。

しかし、まずはもっとお手軽に家の寒さ対策を行いたい方には、「断熱リフォーム」をお勧めしています。


【お部屋のリフォームを機に、性能改善リフォームも同時にすると手間と費用が削減されます】

 弊社の断熱リフォームは、窓一つからできます。

なぜなら、冬の寒さ・夏の暑さの大きな原因に、窓や玄関ドアなどの開口部の断熱性能が低いことが考えられるからです。

家の中の熱損失は窓がもっとも大きく、低断熱の窓がついているおうちには、まずは窓の高断熱化をお勧めしています。
たとえば、窓がアルミサッシに単体ガラスのタイプである場合、残念ながら窓の断熱性が低いため高断熱な窓へのお取替えがオススメ。
特に冬にぐっしょりと窓が結露する場合は、窓の断熱性能が低い場合が多いですね。

今は窓のリフォームもカンタンで便利になっています。
おススメは、壁を壊すことなく今ついている窓の内側に高断熱の樹脂窓を取り付ける、内窓の設置

窓の断熱性能が上がるだけじゃなく、防犯性や防音性も向上します。

M様邸でも、この内窓の取付を行いました。

◎内窓:樹脂サッシ・LOW-E 複層断熱ガラス(YKKap)


【施工前】

【施工後】


【施工前】


【施工後】

お部屋が和室でしたので、和紙調ガラスに組子を合わせた仕様に。
和の雰囲気にぴったりで、窓回りのイメージが一新しました。

施工時間もスピーディで、1窓あたり約60分程度。(お部屋の状況により変動有)

内窓の設置は、戸建にもマンションにも対応しています。
(マンションの場合は、マンションごとに管理組合の規約が違いますので、事前の確認が必要になります)

M様の場合は寒さにお困りでしたので、複層・断熱タイプのガラスを選びました。
夏の西日対策を行いたい場合は、複層・遮熱タイプを選んだりすることもできます。

M様には、以前にも浴室と洗面室の冷え対策に、それぞれの窓に高断熱の内窓を設置させていただきました。
窓の高断熱化の効果を実感していただけると感じています。

床面からの冷気対策に、断熱材を施工

さらに今回は足元の冷え対策に、床に断熱性能が高くておススメな、ネオマフォームという断熱材を施工させていただきました。


【断熱材 施工中】

床に高性能な断熱材を施工することで、床下からの冷気がお部屋を冷たくなることを抑制します。
特に冬は足元が冷えますから、しっかりと床面に断熱材を施工することは重要だと考えています。

 

ご予算・ご希望に合わせて行える、断熱リフォーム

たとえば、夏の暑さ対策を重視したいなら、
最上階のお部屋には、天井への断熱材の施工をお勧めしています。

夏は長時間熱い日差しが屋根面に当たりますから、暑さ対策に屋根の断熱施工が非常に重要になってきます。
屋根の断熱性能が十分でない場合、最上階のお部屋は暑さがこもりやすく、それは夜になってもなかなか取れません。
冷房の効きも悪くなり、最上階のお部屋は寝苦しくなるというわけです。


【高断熱高気密NAKACHUの家では、屋根にしっかりと厚みを持たせた高性能な断熱材を施工します】

もっと、断熱性能を上げたい場合は、壁の断熱材を入れなおすこともできます。

どんなお悩みをお持ちなのかによって、断熱リフォームのやり方も変わってきます。

・寒さや暑さの影響を受けやすい、高齢のご家族様やお子さまのお部屋を優先して断熱リフォームを行う。
・ヒートショックが起きやすい、浴室やトイレを断熱リフォームする。
など、お部屋ごとに断熱リフォームを行うこともおススメです。

場所を選ぶことで、住みながらリフォーム可能です。

 ・

今お住まいのおうちの寒さ・暑さにお悩みの方におススメな、断熱リフォーム。
家の寒さ・暑さの根本的な原因を究明し、対策することでおうちはもっと過ごしやすく快適になります。
今シーズンの冬は、M様宅の和室の寒さも軽減されるかと思います。
あたたかいお部屋で、快適にお過ごしいただけると嬉しいです!

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます!

記事一覧

1ページ (全49ページ中)

ページトップへ