緒方ゆうこ 自己紹介へ

健康で美しい窓の家。ずっと元気で健康に暮らせる家づくりのために窓の重要性を知ること

家の暑さ・寒さのお悩みの方にオススメな窓のリフォーム

こんにちは!女性の綺麗と健康を応援する、衣・食・住のトータルアドバイザー、枚方市にある中川忠工務店のスタッフ、緒方ゆうこです。

先日、YKKAPさんのショールームにて、住まいにおける「」の重要性について勉強してきました。

」って。

私は、窓が家の中の暑さや寒さ、そして家の耐久性にまでも影響を及ぼす重要な部分だとは知りませんでした。
その事実を知ってから、出来る限り家作りにおけるの重要性を知っていただきたくて勉強しています。

そして。

意外に、このが室内環境の快適性を左右する事実を知らない方もたくさんいらっしゃいます。

お客様にお住まいのお悩みについてお伺いすると。

大抵上位に入るお悩みが
家の暑さや寒さ

 

暑い夏は、家に帰ってくると家の中がもわんっと暑く、夜は寝室が暑くてとにかく寝苦しい。
クーラーをがんがんにかけないと家が涼しくならない、など。
寒い冬は、とにかく家の中が寒い!
暖房であたためた部屋から廊下に出るとひやっと寒く、無暖房なトイレや洗面所、浴室などがとにかく寒い。
また、暖房がなかなか効かず、暖房費もかさむ、など。

では、どうして夏は暑くて冬は寒い、そんなお悩みのお家が多いのでしょうか。

 

現在の日本の住宅の約95%が古い断熱基準で建てられている

今お住まいのおうちは、いつ頃建てられましたか?

 

家の暑さや寒さを左右する断熱性能は地域ごとに国が定めた省エネ基準が設けられています。
そのスタートは昭和55年。
当時の基準は低く、あたたかい家とはいえません。

また、それ(昭和55年)以前に建てられた家はほぼ無断熱です。

こういった古い基準の家が、現在も日本の住宅の約95%以上を占めています。

一方で、平成11年に定められた進化した断熱基準で建てられた家はわずかに5%。
つまり、日本はまだまだ暑くて寒い家だらけなんです。

 

 

 昔の家と今の家はこんなに断熱性能が違う!

では、たとえば築30年以上の家と最近の新築住宅はどんな風に断熱性能が違うのでしょうか。

  • 今の家は昔の家に比べて、壁や天井、床に充填する断熱材の厚さが部位により3~4倍厚くなっている
  • 熱の出入りが最も多いが、昔の家のはアルミサッシに単板ガラス。今の家のは樹脂サッシに複層ガラス

他にもいろいろありますが、大きなポイントとしてはこの2つ。

 

家を暑さ、寒さから守る役割を果たす断熱材。

家を暑さや寒さから守り、耐久性を高めるために非常に大切な断熱材。
これが、省エネ基準が定められていない昭和55年以前に建てられた家は入っていないことも多いです。つまり、無断熱の家。
それ以降に建てられた家でも、同時はまだまだ基準が低く、断熱材の厚さが薄い。

注目すべきは「

建物の外側である外壁や屋根、天井、床、窓といった外皮の中で、はもっとも熱の出入りが多い場所なんです。
その場所が、熱を非常に通しやすいアルミサッシに単板ガラスの窓がついていては、室内の暑さや寒さのお悩みを解消することは非常に難しいです。

日本では、いまだ85%以上の家がこのアルミサッシに単板ガラスのがついていると言われています。
この数字は、世界で見ても非常に日本の家の性能が劣っていることを表し、お隣の中国や韓国よりも遅れています。

ですから、家の中の暑さや寒さにお悩みの方がたくさんいらっしゃるというわけです。
家族が健康で、安心して暮らせる家にするために、ぜひ、今一度家の断熱性能について見直してみることをオススメします。

断熱性能の低い家で暮らすということは?

 

暮らしの中で、以下のような問題が起きていませんか?

  • 夏、クーラーをつけていても全然涼しくならない
  • 窓辺の家具が日に焼けて変色する
  • クーラーのつけすぎで、夏場の電気代に驚く
  • 冬は、エアコンでは部屋があたたかくならない
  • 冬は、灯油のストーブが必要
  • 家の中で、吐く息が白くなるところがある
  • 冬は、窓が結露する

 

こういったお悩みがある方は、家の中の断熱性能を見直してみることをオススメします。

 

は意外にカンタンにリフォームすることができます。

これから家を建てられる方は、ぜひ気をつけていただきたい家の断熱性。

そして、今住んでいる家の暑さや寒さにお悩みの方に、ぜひオススメしたいのがのリフォーム。

あまり知られていなのですが、「」はカンタンにリフォームできます。

今ある枠の上に新しいをつける、かんたんマドリモ。
今あるに、内をつけて二重にする、エコ内プラマードU。

が変わると暮らしが変わります。

のリフォームについては詳しくはコチラ

また、最新のの良さや機能を見て、触って、体感できるYKK APのショールームもあります。

ショールーム大阪
大阪府大阪市北区角田町8-1
梅田阪急ビルオフィスタワー20F
TEL06-6363-4334
開館時間 10時~17時
休館日:水曜日

☆他にも全国にショールームがございます。
詳しくはYKK APホームページにて。

何十年後も、ずっと元気に快適に健康で過ごせますように。
ぜひ、家作りにおけるの重要性を知るご参考にしてみてください。

窓が家の快適性に大きな影響を及ぼします

本日は以上です。

【参考:YKKAP マドコト

 

◎冬でもぽっかぽかで過ごせる家作り。
自然素材をいかした安心・安全な家を建てます。
今寒い家をあたたかくする断熱リフォームも得意。

にお悩みの方はコチラ

株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52-7
072-857-6138

お問い合わせはお気軽に こちら

1ページ (全56ページ中)