中川義仁 自己紹介へ

節電できる家づくり。省エネ住宅の作り方。

クリスマス寒波到来。枚方も寒い日が続いてます。
中川忠工務店の中川義仁です。

こんなに寒いのにもかかわたず、今年の冬は『節電の冬』といわれますね。
節電を呼びかける報道などをよく目にします。

しかし。

これだけ寒いと、適切に暖房を使ってお部屋を暖めないと身体に堪えます。

ミニチュアブルテリア
【あまりの寒さに、ワンコも暖房の前を陣取ります】

寒い冬は、寒暖の差で起きやすいヒートショックに要注意

特に寒い冬に起きやすい家庭内事故、ヒートショック

寒暖の差を体が感じることで、血圧が急激に変動し、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な病を引き起こす原因となるものです。

浴室での発生が多く、寒い脱衣室で服を脱ぎ着し冷えた体で熱い湯船に入ると、ヒートショックを起こす可能性が高まります。

夜中に起きるトイレも要注意で、暖かいお布団の中から、寒いトイレに行くことで、ヒートショックが起きやすくなります。

本当に怖いです。

予防法としては、家の中で出来る限り寒暖の差を作らないこと。

家が寒い場合は、

  • お風呂に入る時は、脱衣室や浴室の中を十分に暖めてから入浴すること。
  • トイレが無暖房で寒い時は、個別の暖房器具を用意しるなどの対策を。
  • 暖房している部屋と無暖房な場所との寒暖の差が出来過ぎないように気を付ける。

上記のような対策が必要になります。

暖房を使うと電力の使用量が上がります。
節電の観点からは使用を控えるように、、、とは言われますが、身体を守るためにも、暖房は適度にご使用いただきたいと思います。

リラックス【冷えは大敵】

暖房が効きやすい家づくりを

とはいえ、電力不足、電気料金の値上がりも深刻な問題ですから、できれば家でも省エネに努めたいですよね。

体を労わりつつ、省エネルギーに貢献するためには、暖房の効きやすい家にすることがおすすめです。

家の寒くなる原因を解決することで、寒い冬も暖かく家で過ごすことができます。

少ない暖房エネルギーで家中が暖かくなれば、省エネルギーにも貢献できます。

高断熱・高気密で、省エネ住宅

家の断熱性、気密性を高めることで、家の省エネルギー化が実現します。

少ない暖房エネルギーで、効率良く家中の温熱環境を整えることができれば、電力をたくさん使うこともありませんし、寒さを我慢することなく、快適な冬や夏を過ごすことができます。

今暖房が効きにくくて暖房費がかさんでしまう場合は、断熱リフォームがおススメ!

断熱リフォームは、今なら補助金の対象工事にもなっています。

◎詳しくはこちらのブログにまとめています。
・断熱リフォームについて
・断熱リフォームで補助金がでます

寒さの根本的な原因を解決して、省エネルギーで暖かな住宅で、寒い冬もぽかぽかで過ごしましょう!

メリークリスマス

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます!

1ページ (全57ページ中)