中川義仁 自己紹介へ

部屋の乾燥対策。特に寝ている間の寝室の乾燥にご注意ください。

寒さとともに、空気の乾燥も気になりますね。

こんにちは!一年中快適な室温で暮らす、夏は涼しく冬はあたたかい高性能な高気密・高断熱住宅作りが得意な、枚方の中川忠工務店、中川義仁です。

冬は空気が乾燥します。
その乾燥によって、風邪やインフルエンザにかかってしまうこともありますので、空気の乾燥対策は必須です。
特にエアコンをがんがんにかけていると、空気の乾燥が気になりますよね。

朝起きたときに、空気が乾燥していて喉を痛めてしまった、という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

きっと良い夢を見ていらっしゃるのでしょう~

せっかく気持ちよく寝て起きた朝、喉がガラガラになって痛くてたまらない、ということにならないように気をつけてください!

湿度は40%を切らないように注意しましょう。
加湿しすぎも、ダニやカビの発生原因にもなりますので、40%以上、60%位を目安に加湿してみてください。
おうちに湿度計があると便利です!
そこで、お住まいの乾燥対策についてご紹介します。

お住まいの乾燥対策

1、最もお手軽な「濡れタオル」

お金もかからず、すぐに出来るお住まいの乾燥対策が「濡れタオルを干す」です。
すぐにてもできるので、乾燥にお悩みの方はぜひ濡れタオルを干してみて下さい。
その際に、ボタボタ水が落ちないように気をつけてくださいね(笑)

あとは、寝ている間の乾燥が木になる方は、ベッドの横にお湯や水を張ったコップを置いておく、などすることも有効。ただし、誤ってこぼさないようにご注意下さい!
昼間でも、洗面器やコップに水を張っておいておくと、加湿効果が期待できます。

2、やっぱり欲しい「加湿器」

加湿器はあるとやっぱり便利です。特に、小さなお子様や高齢者の方は風邪をひきやすいこともありますから、加湿器で湿度を調整してあげてください。

3.観葉植物を室内に置く

植物は、吸収した水分を葉っぱから蒸発させます。従って、観葉植物を置くと天然の加湿器の役割をしてくれます。
観賞植物には、その他にも、お部屋の有害物質を除去してくれたり、空気を浄化してくれたり、グリーンは目にも良かったりと、私たちの身体に嬉しい効果があります。
緑を生活にとりいれると、リラックス効果も高まります。

4、調湿効果の高い室内壁にする

これから新築・リフォームをお考えの方は、室内壁を調湿の高いものにするのもオススメです。
冬の過乾燥に悩まなくてよくなります。

乾燥対策によい壁といえば、
シラス壁 珪藻土(けいそうど)LIXIL(リクシル)のエコカラットなど。

シラス壁、詳しくコチラも。

調湿効果が高いこれらの壁は、乾燥する時期は水分を放出し、湿度が高いときは水分を取り込み、常にお部屋を過ごしやすい状態に保ってくれます。
また、消臭効果も高く、イヤなニオイを吸着してくれますのでオススメ!

 

ちょっとした工夫で、家はもっと快適なものになります。

冬も、元気に過ごせるように、ぜひ、お家の乾燥対策をしてください!

本日は以上です。

 

 

 

 

 

◎家は性能!少しの冷暖房効率で、夏は涼しく冬はあたたかい。
一年中快適な室温で暮らすことのできる、高性能な高気密・高断熱住宅作りが得意。
株式会社中川忠工務店
枚方市長尾元町6丁目52-7
お問い合わせはお気軽に こちら
TEL072-857-6138

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます!

1ページ (全56ページ中)