中川義仁 自己紹介へ

【家づくり】室内で起きる熱中症。夏でも涼しい家をつくることで家庭内事故を防ぐ

暑い夏、室内で起きる熱中症のリスク。まずは窓を見直してほしい

こんにちは!

住まい手と一緒に楽しんで建てる家作り。
暑い夏も涼しく過ごせる家。冬もぽっかぽかで一年中快適な室温で暮らせる家が得意な、枚方市にある中川忠工務店の伝道師、中川義仁です。

 

 

酷暑の夏。
非常に残念なことに、室内にいても熱中症で命を落とされる方も増えています。

家が暑すぎる事実

これって、単に冷房をつけていなかったから、水分補給が足りていなかったからって、
それだけで済ませて良い問題じゃないと思います。

室内で起きる熱中症は、家の性能に問題があるからともいえます。

ワンコだって熱中症になります

夏、暑すぎる家は、家の断熱性に問題あり?!

部屋が暑すぎてエアコンが効かない、涼しくならない。
冷房費が気になって、エアコンをあんまり付けられない。
寝るとき、冷房をタイマーで消すと切れた瞬間に暑くて目を覚ます。

こんなお悩みありませんか?

部屋が暑い、、、
その一番大きな原因は、家の断熱性
特に窓からの熱の流入にあります。

窓は、家の中で最も熱の流出入が大きい部分。
今、日本の住宅によくあるアルミサッシに単体ガラスの窓は、非常に熱を通しやすい。
熱い外気が部屋の中へどんどん入ってきます。

 

アルミサッシに単体の窓

これが、部屋の中を暑くする一番の理由。

また、日よけがなく、直接日射しが窓に当たり続けていると
部屋が暑くなり、冷房がなかなか効きづらくなります。

つまり、家の中が暑くなるのは、
夏でも家中ムラなく涼しくなるような家づくり」ができていないから。

従って、
暑い部屋を涼しく保つことができる、
室内で熱中症になることのないような家づくりが大変重要と言えます。

毎年暑い夏はやってきます。
毎年毎年、暑さで体調を崩すことの無いように、
根本的な「家」の見直しが必要です。

 

夏でも少ない冷房で、家中がムラなく涼しく保つことができる家をつくるためには

1、窓を熱伝導率の低い、高断熱なものに換えること

部屋が一番暑くなる原因の窓、まずはそれを見直してみましょう。

窓の断熱性が低い場合は、窓の断熱性を上げること。

熱を通しにくい素材の窓、
たとえば、
樹脂サッシにトリプルガラスの窓に換えるだけで、家の中の暑さが変わります。

窓はカンタンに換えられます。オススメは内窓プラマードU

*内窓の施工事例は コチラ

 

2、窓に日よけを取り付ける

日射しが窓から部屋に入ってきてからカーテンなどで熱い日射しをカットしようとしても、
熱が窓回りにこもり、熱を取ることができません。
冷房の効率も悪くなり、クーラーをがんがんにつけてもちっとも部屋が涼しくならないということも。

従って、庇、シェード、すだれ、よしずなどで、
部屋の中に熱い日射しが入る前にカットすること。

不要なときは収納できるシェードはカンタン設置

日よけを取り付けにくい場合は、窓ガラス遮熱・断熱フィルムを取り付けるのも方法の一つ。

 

窓から入る熱を遮断することで、冷房が効きやすくなり、お部屋はかなり涼しくなります。
冷房費の削減にもつながるので、
「窓の暑さ問題」は早めに解決されることがオススメです~

 

3、部屋の断熱を見直してみる

部屋の断熱性ってどんなものかイメージできますでしょうか?
断熱・気密施工がきちんとしていれば、暑い夏も室内を涼しく、寒い冬も、家中ムラなくあたたかい室温に家を保つことが出来るんです。
前述いたしました窓の高断熱化も、断熱・気密施工に含まれます。

断熱や気密施工の重要性って、
家を建てる側の私たちが、これから家を建てる方にきちんと正しくお伝えしなければならないこと。

現に、家を建てるときに守らなければならない建築基準法だって、
家の断熱・気密についてのルールはいまだに非常にレベルが低い。

家の断熱性能の変遷

昭和55年基準で断熱等級2が定められ、
そこから徐々に断熱等級が上がってきてはいますが、世界からみてもまだまだ低い。

だからこそ、今室内で熱中症になるリスクが非常に高いのは、この断熱性能基準がずっと低い、というのも原因の一つといえます。

大きな地震に備えて、耐震等級3を選ばれる方が非常に増えている中、
この、断熱の等級に関しても、
夏の熱中症発症リスク、冬のヒートショックによる家庭内事故のリスクを考慮しても、
もっと断熱レベルの基準は上がるべきだとと思います。

家の断熱施工をしっかりと行うことで、夏の室内の暑さを抑制し、酷暑でも涼しい部屋にすることができます。

*今暑い部屋をなんとかしたい!断熱リフォームについてはコチラ

 

まとめ

 

 

以上のように、家の断熱性能の根本的な問題の解決が、
室内で起きる熱中症を防ぐために、最も重要なことだと私は思います。

 

家の断熱性・気密性って、もっと厳格な基準があっていいのではないか?
と思うほど、日本の住宅性能基準はまだまだ低い。
その結果、夏は室内での熱中症リスク、冬はヒートショックによる家庭内事故が年々増加しています。

だからこそ、家を作るプロである私たちが、
しっかりとした性能の家を建てること、
その大切さを家を建てようとされている方にお伝えしなければなりません。

適切な施工で、
家の断熱性・気密性を上げると、家は酷暑にも負けない空間になること。
少ない冷房でも、家中がムラなく涼しくなる。
そういった、住む人の健康を守る家づくりが出来ること。

夏は暑く、冬はどんどん寒くなっている。
気象条件が厳しくなっているからこそ、正しい適切な情報をお客様に伝えていかなければならないと改めて感じました。

 

高性能な家づくりが出来るよう、勉強を欠かさず行っています

 

家の中が暑すぎる、寒すぎる・・。
もう我慢せずに、ご相談ください。

 

 

あなたが思っている家の快適って、思い込みかもしれません。
本当に快適な温熱環境の家で過ごすと、
今までの家での心地よさが、めちゃくちゃ変わります!

◎今暑い家を涼しくする 断熱リフォームについてはコチラ

 

エアコンが家中むらなく効く空間に仕上げること

 

本日は以上です。

 

 

◎夏は涼しく、冬はぽかぽかあたたかい。
一年中快適な室温で暮らせる家作り。
株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52番7号
お問い合わせはお気軽に 
TEL072-857-6138

 


中川忠工務店は、パッシブハウスジャパン会員です。

 

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます!

1ページ (全56ページ中)