スタッフブログ

屋根の耐久性を上げて、長持ちする家づくりを

中川義仁 自己紹介へ

高断熱高気密高槻の家、先日は屋根仕舞いを行いました。
中川忠工務店中川義仁です。


【屋根施工中】

屋根は通気垂木を取り付けて。


【屋根の傾斜にそって、垂れ下がるように斜めに取り付ける、垂木。】

重要な下葺き材、ルーフィングシートを取り付けます。


【ルーフィングシート施工中】

瓦やガルバニウム鋼板などの屋根材の下に張るこのルーフィングシートは、屋根の耐久性を高めるために大変重要な役割を果たしてくれます。

傷みやすい屋根に、高品質なルーフィングシートで高耐久な家づくり

ルーフィングシートの主な役割は、「屋根材の隙間からはいってくる雨水などを、屋根の下地材に侵入させない」ことです。

屋根材のみでは雨水の侵入を防ぐのは難しいため、ルーフィングシートを貼って二次の防水層を作ります。

雨水は、家には大敵!
水は木を腐らせたり、カビを発生させたりと、家の寿命を短くするだけでなく、住む人の健康を損なうこともあります。

つまり、ルーフィングシートは屋根の耐久性を高め家を健やかにたもつために、非常に重要な材になります。

ルーフィングシートは高品質なものを選びたい

 大切なルーフィングシートですが、品質も様々。
安価なものから高価なものまでありますが、このシートをお施主様ご自身で選ばれることは少ないかと思います。

ルーフィングシートの選定は、施工会社任せになることが多いと思いますが、弊社では、屋根を長く良い状態に保つためにも、ウルト製の高品質なルーフィングシートを採用しています。

 

透湿防水シートと防水シート

ルーフィングシートの選定で、もう一つ重要なポイントがあります。

それは、透湿防水シートであるかどうかです。

実は、日本の一般的な家づくりでは、屋根のルーフィングシートは防水シートであることが多いです。

弊社では、防水シートではなく、透湿防水シートを採用しています。

この違いは、湿気を通すかどうかです。

防水シートは、水の侵入は防ぐものの、湿気が通らないため、屋根が蒸れぐされしやすくなってしまいます。

換気が不十分な場所は湿気がたまり、木を腐食させる原因になります。

2018年に近畿で大きな地震が起き、多くの建物に被害がでました。
弊社でも多くの修理のご依頼をいただき、被害を受けた屋根を見させていただきましたが、多くの屋根が蒸れ腐れをしていたのが記憶に強く残っています。

雨の侵入を防ぎ、かつ、湿気をためない屋根にするためにも、透湿防水シートをおススメしています。

そして、屋根にきちんと空気が循環するように、通気施工を施します。

日本の住宅は、欧米などの先進国の住宅と比べると、住宅寿命が短いと言われています。

せっかく建てる家ですから、末長く住み継いでいける住宅になるよう、できる限り気を配って施工しています。

高槻の家も、完成した家で安心して快適に過ごしていただけるよう、全力で施工していきます!

 

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます!

記事一覧

1ページ (全54ページ中)

ページトップへ