スタッフブログ

快適な家づくりのために、熱橋(ヒートブリッジ)対策を入念に

中川義仁 自己紹介へ
2022/04/25(月) NAKACHUの家づくり

パッシブハウス認定取得を目指す宇治の家
施工が順調に進んでいます。中川忠工務店の中川義仁です。

 【現場では屋根仕舞いを行っていました】

先日は、宇治の家の設計士、
株式会社プラン・リーブルの高岡先生が現場へ来てくださいました。

高岡先生には今までも、弊社施工物件、「長尾の家」と「香里の家」の設計をしていただいております。

【長尾の家:Q値1.1 UA値0.3 C値0.2】

 

【香里の家:Q値1.04 UA値0.29 C値0.2】

また高岡先生は、これまでもパッシブハウス認定取得をされている物件の設計をされており、経験豊富でとても頼りになる方!

色々とお打ち合わせをする中で、熱橋(ねっきょう)対策についてもご教示いただきました。

【熱橋対策】

熱橋はヒートブリッジともいい、建物の中で熱を伝えやすい部分のことを指します。

外部の熱の影響を受けにくく、一年中快適に過ごしやすい住宅にするためには、この熱橋対策は重要です。

熱橋を減らすことで、外部の熱が伝わりにくい家に。
つまり、夏は涼しく冬はあたたかい家にすることができます。

 今までも、もちろん熱橋対策をしっかりと行っておりました。
しかし、今回はパッシブハウス認定取得を目指すにあたり、それ以上に綿密な計画の上、対策を練り施工していく必要があります。

 超高性能住宅と呼ばれる所以を身をもって実感します。

こういった配慮の一つ一つが、完成後のお施主様ご家族様の住み心地の良さにつながっていくのだと感じます。

この経験は、これからの家づくりにも生かすことができます。
お施主様とそのご家族様に、健康で快適な暮らしを行っていただける住まいを建てるためにも、今回のパッシブハウス認定取得予定物件の施工をさせていただけることは、大変貴重でありとても有難いことです。

宇治の家の施工も引き続き気を引き締めて行っていきます。
*現場レポートは随時更新中です。よろしければご覧くださいね。コチラ

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます!

記事一覧

1ページ (全51ページ中)

ページトップへ