スタッフブログ

蒸し暑い日に思う、高断熱高気密住宅の良さ。夏も快適に過ごせる住まいづくり。

中川義仁 自己紹介へ

すっかり夏に近づいている空模様と気温、そして高い湿度。
むしむし蒸し暑い大阪ですね~
中川忠工務店中川義仁です。

【「暑いわぁ~」と叫んでいるような楓笑】

高温に高湿度。
こう蒸し暑い日は、やはり高断熱高気密住宅の良さを痛感しますね。

高断熱高気密住宅は、読んで字のごとく、「断熱性と気密性が高い」のですが、
それだけではありません。

家中の温熱環境を温度ムラなく快適な温熱環境に保てるように、綿密な空調・換気計画を行って家づくりを行います。

だから、こういう蒸し暑い日も、涼しく快適に過ごせる住環境になるわけです。

【高断熱高気密“香里の家”のお施主様からいただいた、夏の住み心地のインタビューはコチラ】

こういう蒸し暑い日の不快な暑さを取り除くためには、冷房が効率よく効きわたる家にすることはもちろん、湿度をきちんと取れるようにする工夫も大切です。

「猛暑」という言葉が当たり前になってきた日本の夏も、快適に心地良く過ごしていただける住まいにするためにも、家の性能は妥協できません。

性能が低い住宅は、冷房が効きにくく、暑さを取るために冷房をガンガンにつけると、光熱費が高額になってしまいます。
また、冷気が上手に行き渡りにくいため、冷気は下にばかりたまりがち。

それだけじゃなく、夏型の結露も心配なところ。
夏の結露は、冬と違って壁の中で結露が発生するため、我々の目に見えないので結露が起きていても気づきにくい。
気付いたら、壁の中がカビだらけだったということにもなりかねますので、注意が必要です。

結露が起きやすい住宅は、家の寿命も低くなってしまいます。
外と中の気温差で起きやすくなる結露は、家の断熱性・気密性を高め、適切な通気施工を行うことで、発生を抑制することができます。

長く健康的な住まいにするためにも、家の性能は重要です。

夏も快適に過ごせる住まいを一つでも多く増やせるよう、これからも頑張っていきます!

涼しい・暖かい住まいづくりは得意ですので、いつでもお気軽にご相談くださいね~!

【ブルテリアは暑さ・寒さに弱い犬種ですので、室温管理に気を遣います~】

 

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます!

記事一覧|2022年06月

ページトップへ