スタッフブログ

パッシブハウスジャパン近畿支部大会にて事例報告をさせていただきました

中川義仁 自己紹介へ

弊社も賛助会員として入会いたしております、
パッシブハウスジャパン 近畿支部大会にて、先日事例報告をさせていただきました。

中川忠工務店の中川義仁です。

パッシブハウスは、ドイツ発祥の超省エネ住宅。
厳しい燃費基準を乗り越えた家。
断熱材や高性能のな窓、熱ロスの少ない換気システムなどを駆使して、寒さや暑さをガマンしない、快適さを生み出す家。
自然の力を最大限利用し、少ないエネルギーで快適な暮らしを目指します。
そしてパッシブジャパンは、「パッシブハウス」を、日本の気候・文化様式に合わせ、日本の気候風土を利用した燃費の基準で、快適な家づくりを目指します。

パッシブハウスジャパンHPより

 NAKACHUの家づくりは、パッシブハウスの家づくりの考え方を多く取り入れています。
そのパッシブハウスの家づくりの学びの場でもある、パッシブハウスジャパンという団体に賛助会員として入会させていただいております。

パッシブハウスジャパンでは、全体での勉強会をはじめ、エリアごとの支部にて定期的に勉強会が開催されます。
弊社は大阪なので、近畿支部に属しています。

その近畿支部での勉強会にて、NAKACHUの家づくりの事例報告をする機会をいただいたのです~

元々口下手なのは自覚しておりますし、ましてや人前で話すことは大の苦手。
最初に「支部大会にて事例報告をしてもらえませんか」とのお話をいただいたときも、正直に言って恐れ多く・・・。

悩みましたが、せっかくのお申し出ということと、苦手だからといってお断りするのもとても失礼だと感じ。
またオンラインでの開催なので、幾分かは緊張もマシかな?と思い、お引き受けすることにしました。

 高断熱高気密住宅 香里の家(Q値1.04 UA値0.29 C値0.2)

昨年の12月にお引渡しをさせていただいた、高断熱高気密住宅 香里の家の施工事例についてお話させていただきました。


香里の家のお施主様に、「ぜひ事例報告をさせていただきたいです」と申し上げたところ、「ぜひ、どうぞ!」二つ返事でご了承いただけました。

 【冬はあたたかく夏は涼しい、その快適さにとてもお喜びいただいております、香里の家】

 香里の家は、家の住み心地にとことんこだわり、断熱、気密施工、計画換気と、緻密な施工計画、そして現場大工の丁寧な施工によって建てられました。
◎施工の様子はコチラ

その施工計画や実際の施工の様子、仕上がりやお施主様からいただいた感想、弊社の家づくりの取り組みなどについてお話させていただきました。
◎お施主様の感想はコチラ()・(

 
【菅原神社の本殿再建工事のお話なども少し】

NAKACHUの家づくりのこだわりの一つ、建材選びのお話など。


【基礎外断熱を行う上で重要な白蟻対策】

 20分という短い時間ではありましたが、一生懸命お話させていただきました。
緊張から、少し内容が飛んだり、早口になった場面も(笑)

しかし、苦手だからこそ準備や練習には人の何倍も時間がかかりましたが、やはり思い切ってやって良かったと思っています。
自社の家づくりについて見直す良い機会になったり。
「いかに人に伝わるように話をするか」を考えることで、気づいたこともあります。

この経験を今後にいかしていきたいと思います!

そして。
事例報告をする上で、やっぱり
「完成したおうちで暮らすお施主様が心から喜んでくれること」
これが家を建てる側として、何より嬉しいことだと感じました。

その想いを忘れず、これからも快適で長持ちする高性能な家づくりに、ひとつひとつ丁寧に取り組んでいきたいと思います。
そして。
枚方の小さな工務店である弊社の家づくりが、高断熱高気密住宅の家を望む方に知っていただけるよう、努めていきたいと思います。

 

 【勉強会後、ミニチュアブルテリアの楓が労をねぎらってくれました】

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます!

記事一覧

1ページ (全49ページ中)

ページトップへ