中川義仁 自己紹介へ

将来のメンテナンス費用が掛かりにくい、美しい外壁とは

末長く良い家の状態を保てる家づくりを行いたいと思っています。

枚方市で、パッシブハウスをはじめ、住宅性能を重視した究極に住み心地の良い家を建てる、中川忠工務店中川義仁です。

高断熱高気密 八尾の家【Q値1.53 Ua値0.29 C値0.3】では、外壁の仕上げも始まっています。

外壁は、Sto(シュトー)壁を採用しています。

Sto壁【Sto(シュトー)壁】

家が建った後にかかる、家のメンテナンス費用

家づくりの中で、多くの建材を選んでいく必要がありますが、
その中で大事にしていることは、
いかに“良い状態で長持ちするか”です。

家を一軒建てるのには、多くの費用が掛かります。

それなのに建てた後、家のメンテナンスの費用がかさむのは避けたいですよね。

せっかく建てる家。
良い状態で、長持ちして、将来のメンテナンス費用が掛かりにくい。
そんな家に仕上げたいと思っています。

外壁【スイス漆喰で仕上げた、高断熱高気密 香里の家(Q値1.04 Ua値0.29 C値0.2】

クラック(割れ)が少ない、綺麗が長持ちする壁

今回採用したSto(シュトー)壁は、ドイツ発の、世界シェアNO1の塗り壁材。

世界95か国以上で使用されています。

日本では、サイディング仕上げの家が多いです。
サイディング仕上げの外壁は、10年くらいを目安に、塗り直しやコーキング補修などのメンテナンスが必要になります。

再塗装には足場設置も必要になりますから、100万円以上の費用が掛かることも。

私たちNAKACHUの家では、そういった将来のメンテナンスが掛かりにくい外壁材をお勧めして採用しています。

Sto(シュトー)壁もそのひとつ。

Sto(シュトー)壁の主な特長4つ

理由1:クラック(割れ)が少ない

塗り壁で最も心配される問題、クラック(割れ)。

Sto(シュトー)壁は、割れにくいのが大きな特長です。

万が一、割れても補修もカンタンにできるのも魅力。

理由2:キレイが長く続く

Sto(シュトー)壁は、外装塗料にハスの葉を組み込んでいます。

ハスの葉の表面で水は水滴になり、汚れの粒を取り込みながら、簡単に表面を転がります。

これは、超撥水「ロータス効果」と呼ばれ、汚れがつきにくく、しかも、自己洗浄力があり、長く美しい壁を保つお手伝いをしてくれます。

汚れにくい壁は大きな魅力!

理由3:外断熱との相性が良い

高断熱高気密NAKACHUの家では、外断熱を行いますが、Sto(シュトー)壁は、その断熱性を底上げしてくれます。

厚い断熱材が躯体の著熱硬化をサ台減に引き出し、温度変化が小さく、快適で省エネルギー性の高い室内環境づくりに貢献。

水蒸気透過性も兼ね備え、湿気は外へ排出してくれます。

理由4:豊富なカラーバリエーションは800色!

Sto(シュトー)壁は、なんと800色から選べます。

お好みの色で仕上げることができるおうちは、まさに世界にひとつだけの家づくり!

Sto壁【Sto壁施工中】

理由5:10年保証

新築のみにはなりますが、Sto壁は保証が10年ついています。

・外壁の汚れ

・外壁のクラック

不具合の無償補修(回数制限なし)または、補修費用保証(上限100万円まで)を保証。

安心してご採用いただけるかと思います。

左官職人が丁寧に手塗りで仕上げていくのも、塗り壁の魅力のひとつ。

機能性も高い、美しい壁。

メンテナンス費が掛かりにくいのも大きなメリット!

八尾の家も、壁が仕上がったらブログでご紹介しますね~

◎八尾の家の現場レポートはコチラ

 

施工事例集

現場レポート

*お問合せはLINEからがカンタン!24時間受付中。

LINE

 

 

1ページ (全69ページ中)