中川義仁 自己紹介へ

断熱性・吸音性に優れた木の断熱材

2017/11/15(水) NAKACHUの家づくり

必ずチェックする、断熱材。出来る限り質の良い物を採用する努力を

こんにちは!一年中快適な室温で暮らせる家を作る、中川忠工務店の中川義仁です。

先日、メーカーが主催する展示会へ行ってきました。
そこでも気になるのが、健康に暮らせる高気密・高断熱住宅作りに欠かせない、断熱材。

断熱材は、一年中快適な室温で暮らせる家作りに、とても重要です。
夏のうだるような暑さから、冬の凍てつく寒さから、家を守ってくれます。

ただ、断熱材が入っていれば良い、というわけではなく
高品質な断熱材を、適切な厚みで、適所に、隙間なく、いれることが大切。

ですから、少しでも質の良い高断熱になる断熱材を採用できるように、展示会や勉強会に行くと必ず断熱材はチェックします。

木の家、木の断熱材。環境先進国ドイツが注目する断熱材

今回チェックした断熱材は、住宅先進国であるドイツで、今最も環境断熱材として注目されている木の断熱材。

木ならではの熱を蓄えるチカラによって、夏は涼しく、冬はあたたかいお住まいが実現します。
吸音性にも優れているため、家の外の騒音を遮り室内を静かな空間に保ちます。(後ほど後述します)
また、木の優れた調湿性能によって、壁の内側で発生する結露を防止し、構造体が腐ったり、カビやダニが発生することを防ぎます。

木だけど燃えにくく、自然素材の木からできているため、有毒ガスを発生させません。
また、木材が原料であるため、そこに住む人の健康に害を及ぼすような化学物質は含まれておらず安心。
いつか家を取り壊すことになっても、土に還ることのできる原料「木」ですので、環境にも配慮した商品といえます。

断熱材は、実際にこんな風に家に入っています

実際に、断熱材はこのように入ります↓

家の断面

床・壁・天井に断熱材が入ります

そして、断熱材の質の良さがわかる、こんな実験も見ることができます。

断熱材は夏の暑い日ざしから家を守ります

↓夏の暑い日差しから、どのくらい家を守れるか、の実験です。

夏の暑い日差しに対して、どれだけ暑さから家を守れるか。

赤いライトが夏の暑い日差しを想定。
左から、今回下見した、ドイツ製の木の断熱材。中央が発泡スチロール、一番右が、とある断熱材。

ちょっと見にくいですが、上の温度が外気温、下の温度が室温、のイメージ。
それぞれ外気温約28℃設定に対して、ドイツ製の断熱材は、室温が24.5℃。
発泡スチロールが26.9℃。とある断熱材は、なんと室温が36.6℃にまで。

断熱材で囲まれた箱の中に、スピーカーを入れて防音効果を体感できます

また、先ほどもお伝えしましたが、この木の断熱材は非常に防音効果に優れています。

写真ではわかりにくいですが、下記の箱の中にはスピーカーが入っており、音を出しています。

左がとある断熱材、真ん中が発砲スチロール、そして一番右が、木の断熱材。

 

中にスピーカーが入っています。

木の断熱材は、音がほとんど外にもれません。
とある断熱材は、音が漏れていました。
つまり、それほど木の断熱材は防音効果に優れていることがわかります。

 

家を断熱することでもたらされる、嬉しい効果

断熱材の良さは、住み始めてからじわじわと感じます。

  • 家の寒さが緩和されることによって、住む人の健康に良い効果
  • 快適の室温で暮らせることによって、より活動的に、行動範囲も拡大
  • 子どもの集中力向上の手助けとなり、学習効率が良くなる
  • 冷暖房効率が良くなることによる、月々の光熱費の負担の軽減

何よりやはり、毎日を元気に暮らせる家になることが素晴らしい効果だと考えます。

・気管支喘息・のどの痛み・せき・アトピー性皮膚炎・肌のかゆみ・目のかゆみ・アレルギー性結膜炎・手足の冷え・アレルギー性鼻炎・関節の痛み

こういった症状の健康改善効果が、実際に医師の調査により報告されています。

完成してしまえば見えない断熱材。だからこそ、きちんと施工することが重要

このように高品質な断熱材を使って家を建てることにより、もっと家は住み心地の良い物になります。
完成してしまえば、外からは見えなくなってしまう断熱材。どんなものが、どんな風に入っているかわからなくなってしまいます。
目に見えないところだからこそ、しっかりと優れた効果で家を守ってくれる物をきちんとした施工技術で行うことが重要です。

 

これからも、もっと住み心地の良いお住まいをご提供できるよう、精進して参ります!
ということで、今回は、木の断熱材のご紹介でした。

◎一年中快適な室温で暮らせる家作りが得意。
自然素材をいかした、高気密・高断熱住宅のことなら
株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6-52-7
お問い合わせはお気軽に こちら
TEL072-857-6138

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます!

1ページ (全56ページ中)