中川義仁 自己紹介へ

断熱改修。寒い冬もあたたかく過ごせるように。

師走らしい寒さが続いてますね。
中川忠工務店中川義仁です。

ミニチュアブルテリア【中川忠工務店の看板犬、ミニチュアブルテリア楓も寒いので洋服着せました】

気温が下がってくると、気になるのは家の寒さ

家の寒さは体に堪えますし、ヒートショックなどの健康リスクも高まります。
この寒い家、、、なんとかなりませんか?
と、断熱改修のご相談も増えています。

家の寒さ・暑さの根本的な原因を解決する

家が寒くなってしまうのは、やはり家の断熱性・気密性といった性能が低いことが主な原因と考えられます。

・家に無駄なスキマが多い
・断熱材が入っていない、入っていても薄い、劣化している
・窓の断熱性が低い
・玄関の断熱性が低い など

家の断熱性能が低いと、

・暖房をつけても部屋があたたまりにくい(暖房費のコストがかさむ)
・暖房をしている部屋と無暖房の部屋、廊下、トイレなどとの気温差が激しくなる
・浴室が寒い(ヒートショックの危険性が高まる)
・結露する

など、寒い冬は暮らしにくい住まいとなってしまいます。

今寒いおうちを何とかしたい!あたたかい家で寒い冬も快適に過ごしたい!
そう思われる方には、断熱リフォームがおススメ。

断熱リフォーム(性能改善リノベーション)とは

LDK【フルリノベーションした事例】

断熱リフォーム(性能改善リノベーション)では、おうちの寒さ・暑さの原因を探り、
より快適に住みやすい家づくりを目指し、整った温熱環境になるようにリフォームします。

より具体的な内容としまして、断熱リフォームでは、
・断熱材でおうちを丸っと包む
・気密性を高める(無駄なスキマを無くす)

・窓や玄関などの開口部の断熱性を高める

カンタンにご説明すると、こんな感じの施工を行います。

外気の影響を受けにくい住まいにするために、家の無駄なスキマを無くし、断熱材で家を包み込みます。
熱損失が高い開口部(窓や玄関)は、高断熱なものに取替えを。

寒さの原因を絶つことで、あたたかい住まいを作ります。

LDK

 

注意点としましては。
家を一軒断熱リフォームすると、工事費のコストはかかります。
また、どのくらいの暖かさを求めるか?によって、工事の仕方や材料の選定も変わってきます。
断熱リフォームは、綿密な施工計画と、確かな知識と技術を持った施工が必要になります。

なかなか家一軒断熱改修をするには工事費が掛かりすぎる・・・という場合は、ゾーン断熱改修もおススメです。

ふだん、主に生活するスペースを中心に、各部屋ごとに断熱改修したり、
寝室、LDK、トイレ、浴室、洗面脱衣室など、生活動線を結んでゾーンを作り、断熱改修したりすることも可能です。

断熱改修した部分としていない部分との気温差は出てしまいますが、予算に合わせた断熱改修工事を行うことができます。

LDK

断熱リフォームは事前にきちんと計画すること

一番避けたいのは、断熱改修を行ったにもかかわらず、思ったような暖かさを保てなかった、ということ。

断熱リフォームは、事前の施工計画が大切です。

また、断熱リフォームを行うと、床や壁、天井をめくったりすることがあります。
断熱リフォームを機に、バリアフリー改修を行ったり、お部屋の模様替えを同時に行うこともおススメです。

逆に、お部屋のリフォームを機に、一緒に断熱リフォームを行う、というケースもあります。

耐震改修と一緒に断熱リフォームを行うことも可能です。

居室【耐震改修&断熱リフォーム】

断熱リフォームを行うことで、お部屋が過ごしやすくなるだけじゃなく、
結露のリスクを減らし、家の耐久性を向上させる相乗効果も期待できます。

寒い冬・暑い夏ももっと快適に過ごせる家になるように。
断熱リフォームなら、断熱・気密施工に長けた弊社へお気軽にご相談くださいね。

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます!

1ページ (全57ページ中)