スタッフブログ

大工の手仕事。建具調整。

中川義仁 自己紹介へ

外部建具のすべりが悪いとのご相談をいただき、調整して参りました。

中川忠工務店中川義仁です。

【調整は、大工が手作業で行います】

家を建てるとき。
今は昔とは比べると、大工はそこまで高い技術力が要らなくなってきています。

なぜなら、家を建てる土台や柱などが予め工場で図面通りに裁断され、現場に納品されるからです。
これをプレカットといいます。

大工は、その届いた材料を図面通りに組み立てていけばいいのです。

昔はプレカットなんてありませんから、丸太の原木から木を加工し、寸法通りに手刻みしていかなければなりませんでした。

そのためにはそれ相応の大工の技術が必要です。

今の大工は、鉋も持ったことが無いという人がいるそうですが、家づくりの方法が進化した現在ではそれも仕方の無いことかもしれませんね。

しかし、冒頭の建具の調整のように、リフォーム・リノベーションや新築後のメンテナンス時には、昔ながらの大工の技術が必要になる場面が多々あります。

機械だけでは難しい、大工の経験と腕を活かして行う作業がまだまだあります。

そのため、弊社では若い大工にも昔ながらの大工の技術を継承していけるよう、大工の技術力の向上にも力を入れています。

身に着けた技術は一生モノ。

自分の手でお客様に喜んでいただけることを誇りに、これからも大工の手仕事を活かした施工をしていければと思っています。

【建具調整完成】

「開け閉めがスムーズに行えるようになりました。」
と、お喜びの声を頂戴することができ、担当大工もとても喜んでいます。
S様、いつもありがとうございます!

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます!

記事一覧

1ページ (全54ページ中)

ページトップへ