スタッフブログ

毎日ぐっすり眠って、日々の活力を上げること

中川義仁 自己紹介へ
2019/03/18(月) 住まいのお悩み解消

メディアに力ってやっぱりすごいと思います。

毎日を元気に過ごせる家をつくる、中川忠工務店の中川義仁です。

テレビを観る人が減ってきていると言われているとはいえ、テレビで取り上げられた後の反響はすごいですよね。

テレビだけでなく、有名な雑誌に取り上げられる反響もなかなかのもの。

 ・

ひと昔前は、「家の寒さが私たちの健康を脅かすこと

家を建てるプロの方ですら、知らないことが多かったこの事実。

今では、冬季に室温が下がりすぎる家の危険性、ヒートショックの恐ろしさ、結露が引き起こす健康被害、など。

テレビや雑誌などでそのことが取り上げられる機会が増え、あたたかい家づくりの大切さの認知度が上がってきています。

 ・

先日も、これはぜひともたくさんの方に読んでいただきたい!

と思える記事が、ある雑誌に掲載されていました。

これです!

週刊文春【週刊文春 2019年3月14日号】

文春砲?!(笑)で有名な、週刊文春です。

37ページから、40ページにかけて。

「不眠を防ぐ住まい」づくりについて特集されています。

週刊文春【不眠を防ぐ住まい】

 要約すると。

◎寝室で気にしてほしい「色」のこと

睡眠に適しているのは、青色、黄色(クリーム色)、緑色、シルバー、オレンジ色、など。

反対にオススメしないのは、紫色、茶色、灰色、など。

◎「光」のこと

◎「空気質」のこと

*空気質については、こちらのブログを良かったらご参考にしてください↓

・花粉やPM2.5などの有害物質を家に入れないようにする コチラ

・一年中春のような心地良さで家を包む家づくりについて コチラ

◎「湿度」のこと

 

そして

 

上記もすべて大切ですが、特に気にしていただきたい「室温」のこと。

 

低温な寝室で眠ることが、どれだけ睡眠の質を下げるか、について説明されています。

また、その影響を受けやすいのは高齢者であることも。

寒すぎる部屋で眠っていると、夜中にトイレで目覚める回数が多くなり、それによっても睡眠の質を低下させてしまいます。

 ・

私も年齢を重ねるにつれ、睡眠の質が低下してきているのを身をもって感じます。

子どもの頃や若い頃はいくらでも寝れていた気がしますが(笑)

今は長時間は眠れません。

不思議と朝も早く目が覚めてしまいます。

 

「もっとぐっすり深く眠りたいなぁ」

と常々思います。

 健康のために、睡眠をきちんととることは欠かせません。

 

まさに、良く眠れる家をつくることは、健康を守るために大切なこと。

 

この、週刊文春の記事はとてもオススメですので、ご興味がおありの方はぜひ読んでみて下さい。

子どもの寝顔
【こんな寝顔が見れたら最高ですね】

 本日は以上です!

 

 

■□あたたかく過ごせる家づくり。家族が笑顔で元気に過ごせる住宅を建てる□■

株式会社中川忠工務店

大阪府枚方市長尾元町6丁目52番7号

お問合せ 072-857-6138

メール info@nakagawachu.com

HP https://www.nakagawachu.com

 

資料請求はコチラ

インスタグラム(中川義仁)

Facebook(中川義仁

twitter(中川義仁)

記事一覧

1ページ (全27ページ中)

ページトップへ