中川義仁 自己紹介へ

補助金を賢く利用して断熱改修・窓リフォームを。

断熱リフォームするなら、補助金が出る今がおススメ。
中川忠工務店中川義仁です。

補助金

寒い冬もあたたかく健康的に過ごせる住まいづくりのために、今寒い家をあたたかくする断熱リフォームについて、先日長々とブログに書きました。⇒断熱リフォームについて

その断熱改修工事に対して、新しい補助金の制度が始まります!

こどもエコすまい支援事業

こどもエコすまい支援事業は、
2050年カーボンニュートラルの実現に向け、
高い省エネ性能を有する住宅の新築・断熱改修を支援する補助制度。

新築工事(100万補助)も一定の要件を満たせば対象ですが、今回は住宅の省エネ改修工事(最大60万円補助)についてカンタンにご説明いたします!

◎対象者:全世帯

◎いずれか必須
1、窓・ドア断熱(ガラス交換・内窓設置・外窓交換・ドア交換)
2、外壁・屋根・天井・床断熱
3、エコ住宅設備の設置

◎任意・・・子育て改修、耐震改修、バリアフリー改修、空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置、リフォーム瑕疵保険の加入

◎発注者:住宅の所有者(リフォーム住宅の所有者(法人可)、居住者または管理組合・管理組合法人

◎申請する補助額の合計が5万円以上

◎補助額上限あり

細かな規定はありますが、大まかな内容は上記のとおり。

つまり、家の寒さや暑さの元凶となりやすい開口部(窓・ドア)の断熱リフォームを行う場合、この補助金が活用できるというわけです。

内窓設置【内窓設置も補助金の対象】

窓は特に熱損失が高い場所なので、窓を高断熱化すると、部屋の冷え込みがマシになり、暖房が効きやすくなる、結露が抑制されるなどの嬉しい効果が期待できます。

改修後の断熱レベルや開口部のサイズ、工事内容で補助金の額が変わってきます。
ガラス交換・内窓設置・外窓交換・ドア交換が対象。

 

補助額も、これまでの補助事業よりもアップしていますので、断熱リフォームをご検討中の方には、とてもよいチャンスだと思います~

もちろん開口部だけじゃなく、
外壁、屋根・天井、床の断熱改修も補助の対象に!

それぞれ使用する最低使用量はあります。

また、太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯器、節湯水栓、蓄電池などのエコ住宅設備の設置も補助が出ます。

以上の工事は必須工事になりますが、
併せて行うと、以下の工事にも補助がでます。

・家事負担の軽減につながる機器の設置

・防犯性向上につながる開口部(外窓、ドア)の改修

・生活騒音への配慮につながる開口部(窓、ドア)の改修

・キッチンセットの交換を伴う対面化改修

・バリアフリー改修

・空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置 など

も対象になります。

細かな要件がありますので、リフォームをご検討中の方はまずはお気軽に問い合わせください。

いずれも予算が終わると終了してしまいますので、早めのご検討がおススメです!

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます!

1ページ (全57ページ中)