スタッフブログ

慎重に進めるべき既存住宅の改修工事。貴重な施工現場を見せていただき、学ばせていただきました。

中川義仁 自己紹介へ

ご縁をいただきまして。

里山で暮らす家」の現場を見学させていただきました。

築90年の古民家の改修工事です。

築90年の改修工事
【築90年の改修工事の現場見学大変貴重な機会を頂戴いたしました】

この家づくりは、京都市西京区に事務所がある、一級建築士事務所FORMAフォルマ建築研究室、代表の中西義照さんが手がけておられます。

 住宅医でもある中西さん。

住宅医とは。

住宅の改修(リフォーム・リノベーション)のスペシャリスト。

既存住宅を調査し、建物の状態を診断。

その診断を元に設計し、改修につなげていきます。

 築90年ともなると、家の経年劣化もさることながら、

◎耐震(当時は地震に対する強度が弱い建物が多い)

◎温熱環境(当時は無断熱である可能性が高い)

◎間取りの住みやすさ

◎構造上重要な躯体の被害状況

など、考慮しないといけないところがたくさんあります。

 ・

私も、今まで数多くの既存住宅のリフォームやリノベーションを手掛けてきました。

既存住宅の改修工事は、実際に壊してみないとわかならい点が多いのが難しいところ。

一つとして同じ家はありませんから、その家ごとに劣化の具合も違います。

日の当たり方や回りの環境、住む方の家の使い方によっても大きく変わってきます。

従って改修工事を行うにあたっては、より多くの知識と経験が必要になります。

今まで積み重ねてきた経験が、既存住宅の改修工事では大いに役立ちます。

ですから、今回のように施工中の現場を見学させていただけることは大変ありがたいこと。

実際に施工している現場を見させていただくことで、たくさんの気付きや学びがあります。

このような一つ一つの現場経験の積み重ねが、より安心安全に心地良く暮らせる家づくりにつながります。

また、私のように経験が比較的長くなってくるほど、他社様が手掛ける施工現場を見学させていただくことって大事なんじゃないかと感じています。

今までの固定概念にとらわれず、常に新鮮な風を吹き込ませていたい。

他社様に施工風景を見学させていただくことで、気付くことって本当にたくさんあるんです。

いつも今のこの瞬間を越えられるように、進化し続けていたいです。

 

既存住宅を改修していく工事は、新築のように新しくイチから建てていくよりも難しいことが多いかもしれません。

でも、今まで家族が過ごしてきた思い出の詰まった家を住み継ぐことができる、という何より変えがたい喜びもあります。

また、土地の条件などで建替えることが難しい、という理由で改修工事を行うこともあるかと思います。

どういった経緯であれ、改修工事も家を末長く住みやすくするために大変有効な施工です。

今まで家で過ごしてきて暮らしのお悩みを、解決できるのも嬉しいところ。

私たち施工する側ができることは、いつでも今出来る精一杯の工事で、そこに住むご家族様が安全に心地良く暮らせる家づくりをすること。

その想いを忘れることなく、これからも家づくりを行っていきたいと思っております。

最後になりましたが。

今回、快く承諾していただき、貴重なお時間を頂戴しまして現場を見学させていただきました、中西様、そしてお施主様に感謝申し上げます。

中西様

本当にありがとうございました。

◎中西様も、今回のことをブログに書いてくださっております。コチラ

 ・

番外編。

帰り道で美味しいお蕎麦屋さんを見つけましたので、ご紹介させていただきます。

蕎麦が好きな方におすすめ、拓朗亭(たろうてい)

 お蕎麦屋さん
【京都府亀岡市にある拓朗亭(たろうてい)】

 そば
【そば】

 

 かすみあげ
【かすみあげ】

 無国籍そば会席のお店。

かすみあげ、という、めずらしい揚げ物が美味しかったです!

レトロな店内も落ち着いた雰囲気でした。

また、ゆっくりと訪れてみたいお店です。

 

 本日は以上です。

 

 

■□あたたかく過ごせる家づくり。家族が笑顔で元気に過ごせる住宅を建てる□■

株式会社中川忠工務店

大阪府枚方市長尾元町6丁目52番7号

お問合せ 072-857-6138

メール info@nakagawachu.com

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます↓↓↓

友だち追加

記事一覧

1ページ (全33ページ中)

ページトップへ