スタッフブログ

地盤改良工事がはじまりました 【高断熱高気密住宅・香里の家】

中川義仁 自己紹介へ

この梅雨は雨に悩まされています。
大阪・枚方で高気密高断熱の家づくりを行う、中川忠工務店の中川義仁です。

本当に雨が多いですね。
各地で甚大な被害もでています。
豪雨、台風、地震・・、いつ、どこでどんな災害が起きてもおかしくない今。
家づくりに携わる者として、家族の命を守る家を建てることについて、改めて考えさせられることがたくさんあります。

 そんな状況ではありますが、大変嬉しいことに高断熱高気密住宅【香里の家】の家づくりがいよいよスタートいたしました。
雨が心配ではありましたが、降られることなく着工できました。

まずは地盤改良工事です。


【地盤改良工事がはじまりました】

こちらのおうちは、地盤調査はもちろん、地盤の専門家とも協議を重ねて地盤改良の方法を決めました。

◎地盤調査とは
建物を建てるにあたり、地盤の安全性や強度などを調査すること。
地盤の軟硬を測定したり地盤の偏りなども調べます。
周辺の土地や過去の状況を調査し、現在の地盤の状況を慎重に分析します。

地盤調査の結果を元に、地盤改良が必要であるかどうか。
必要であれば、どんな改良方法が適しているかを決めていきます。

香里の家が建つ土地には、すでに解体されていた以前の建物の杭が地中に入っている状態でした。
私たちが家づくりのご相談を受けた時には、既に建物は解体されておりましたので、既存杭の状態の把握が難しい状況。

そこで、地盤調査の結果を元に、信頼できる地盤の専門家の方にもご相談させていただき、慎重に地盤改良の方法等を協議し決定しました。

安心・安全な建物を建てたとしても、その建物が建つ地盤の状態に不安があると、建物の強度に不安が残ります。
安全で状態の良い地盤の上に建つからこそ、建物の耐震性や安全性が遺憾なく発揮できます。

 

冒頭にも書きましたが、いつどこでどんな災害が起きるかわからないからこそ、建物はもちろんのこと、地盤の安全性も大切であると考えます。

せっかく建てる大切な家だからこそ、毎日安心して心地よく、ストレスフリーで過ごせますように。
香里の家の工事も、竣工まで気を引き締めて頑張って参ります!

最後に。
断熱性と気密性にこだわっている香里の家ですが、高断熱高気密住宅ってどんなものなのか?
どういった建て方をするのか?一般的な住宅とどう違うのか?
ご興味がおありの方は、施工の様子を見学していただけます。
いつでもお問合せください~ ◎お問合せはこちら(香里の家見学希望と明記ください)
または、下記LINEでもお気軽に利用くださいね~

 

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます↓↓↓

友だち追加

記事一覧

1ページ (全43ページ中)

ページトップへ