スタッフブログ

気密測定 2回目

中川義仁 自己紹介へ

家のスキマを測定する気密測定
少し前のお話になりますが、パッシブハウス認定申請を行う宇治の家、2回目の気密測定も行いました。

中川忠工務店中川義仁です。

【2回目の気密測定】

 寒さや暑さから家を守るのはもちろんのこと、家の中の空気を綺麗に保ったり。
結露などを防ぎ、家の耐久性を上げるためにも、無駄なスキマは少ない方が良いです。

完成時の気密測定の結果は・・・。

【C値 0.1】

C値は0.1でした。

これは、綿密な施工計画の上に、丁寧な施工をしてくれた大工をはじめ、設計士及びすべての施工業者の努力があってこその数値です。

家の性能数値は、施工にかかわったすべての人たちの努力の賜物だと思っています。

2回目の気密測定は完成時に行いますが、1回目は施工中に行います。

【1回目の気密測定の様子】

1回目は、C値0.2でした。

【1回目の測定結果 C値0.2】

1回目よりも良い測定の結果が出て安堵しています。

気密測定は、数値の正当性を保つため、第三者機関に測定をお願いしています。

【気密測定の様子】

良い数値は、施工会社の努力で出せるもの。

そして、数値の良さは、完成した家で暮らすお施主さま・ご家族さまの快適で心地良い暮らしにつながると信じています。

 

 

外構工事はこれから施工いたしますが、建物の施工は完成いたしました宇治の家。

パッシブハウス認定申請も、
認定申請予定から、いよいよ申請中となりました。

完成した内観のお写真も、少しずつ紹介できればと思っています。

 

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます!

記事一覧

1ページ (全54ページ中)

ページトップへ