緒方ゆうこ 自己紹介へ

窓の冷気対策!家の寒さをカンタンな対策で緩和させる

断熱シートで窓から入る冷気を防ぐ

こんにちは!女性の綺麗と健康を応援する、衣・食・住のトータルアドバイザー、枚方市の中川忠工務店のスタッフ、緒方ゆうこです。

毎日寒いですね~
低温注意報が出る日々。この寒さ、今すぐなんとかしたい、、、春が恋しい~、、、というのが本音、です。

特に家の中の寒さはツライ。
家の中の寒さのお悩みを解消するには、断熱リフォームや、冷気が一番入りやすい窓の断熱リフォームがオススメなのですが。

今、寒い!この寒さを何とかしたい。

そこで、今すぐできる!家の寒さ対策をご紹介します!

それは。「窓に断熱シート」を貼ること!

窓の冷気を防ぐことが家をあたたかく保つひとつの大きなポイント!

窓ガラスからの家の中の熱の放出・流入は、夏は約71%、冬は約51%!!!!
つまり、家の中の室温を快適に保つためには、窓の断熱性を上げることがとても重要です。

窓の断熱性能を上げる対策としては。
窓の交換・内窓の設置などがありますが。
★参考記事 ・内窓の設置でお部屋をあたたかく ・窓の断熱性を上げることの大切さ

いやいやいや、それまで待てない!
または家が賃貸物件であったりと、すぐに窓の交換等を行えない場合にオススメの窓の断熱対策は。

窓ガラス(室内側)に断熱シートを貼ることです!!!

断熱シートとは

ホームセンターなどで手軽に買えます。一見、梱包するときに使うプチプチみたい。
お値段もお手ごろ。大体900円~1,000円くらいで売ってます(緒方調べ)

それがこちら↓

窓ガラス結露防止シート

こんなのです(一例)

いわゆる断熱シートはいろんな種類があります~

 

ちなみに、他にもサッシ枠の断熱性を上げる断熱テープなどあります(これらについてはまた別のブログで)

断熱シートを窓に貼る効果

断熱シートを窓に貼る大きなメリットは、

窓から入る、外からの冷たい空気を遮断するとともに、あたたかい室内の空気を外へ逃がさないようにする手助けをしてくれる」こと。

つまり、窓のせいで寒くなる部分の悩みを少しでも解消しよう!というわけです。

どうしてそうなるかというと。

断熱シートが、
◎窓ガラスと断熱シートの間に空気層を作るから◎

イメージ図

「空気」は金属よりも水よりも熱を伝えにくい特徴を持っています。
従って、断熱シートを貼ることによって空気の層を作り、熱を逃げにくくする、というわけです。

この原理で、今ある既存の窓に内窓をつけたり、単体ガラスよりも2枚ガラス(複層ガラス)が断熱性が高くなるんです。
★参考記事 内窓の設置を行います~A様邸

内窓をつけると断熱性があがるのは、既存の窓と内窓との間に、空気層ができるから

つまり、この断熱シートを貼ることで、冬場に窓から入り込んでくる冷気を防ぐ手助けとなるんです!
よって、

・室内の暖房効率がアップ。つまり、暖房機器の電気代、灯油代などが節約できる
・結露抑制に効果あり
・透明度が高いので室内が暗くならない

といった嬉しい効果が期待できます♩

 

水で貼るからカンタンにはがせます

そして。

今回ご紹介する、断熱シート。
これは「水貼り」といって、なんと「水」だけで貼れます!!

粘着剤を使用しないため、剥がすときもカンタンでのり残りもないのが嬉しいところ!
つまり、不要になったらすぐにはがせちゃうんです。

貼りたいガラスを水で濡らして貼ります!

貼るとこんな感じです!

実際に貼るとこんな感じ

見た目、ホントにプチプチ貼りました~って感じになります(笑)

よいところは、太陽光が部屋の中に入ることを邪魔しないので、部屋は暗くなりませんし、あたたかな日差しを遮ることもありません。

見た目が~・・・・(苦笑)
という方は、プチプチではないフィルムタイプのシート(断熱フィルム)もありますのでそちらを貼っても良いと思います。

ただし、断熱フィルムは粘着タイプなので両面テープで貼ることになります。
透明度の高いフィルムなので、外観を損ねることがありません。

フィルムと窓との内部にシリカゲルを入れることで空気を乾燥させ、内部結露を抑制する工夫もされています。

お好みでシートを選ばれると良いです。

断熱シートをご使用する際の注意点!

1、貼れないガラスがあること

ただし、貼れないガラスもあります。

【貼れないガラス】(※断熱シートの製品にもよります)

・網入りガラス・真空二重ガラス・熱線吸収/反射ガラスなどの合わせガラス・有機ガラス(アクリル板など)は貼れませんのでご注意ください。

また、型板ガラスと複層ガラスは平滑面は貼れますが、凹凸面は両面シールなどが必要になります。

断熱スプレーやガラス飛散防止フィルム等で処理されているガラス・天窓等の垂直でない面等にも貼れません。

2、ガラスが熱割れする可能性があること

断熱シートを貼ると、二重ガラスやLow-eガラスなどの特殊なガラスにこの断熱シートを貼りつけると、温度差が大きくなり、ごくたまに熱割れを起こす可能性がありますのでご注意ください。

使用方法を良くお読みの上、熱割れのリスクがあることもご了承の上、ご使用くださいねー。

 

また、すべての窓の冷気を完全に遮断できたり、結露を完全に止めるわけではありません。
あくまでも、抑制できる補助的な効果としてお試しくださいね~。
家の根本的な寒さ対策は、やはり断熱リフォームがオススメです♪ 断熱リフォームについて詳しくはコチラ

そして、製品の使用説明書と注意点をよくお読みになってから貼って下さいね!

 

 

まとめ

ということで、冷気がめっちゃ入り込んでくる窓の断熱性を高める手助けをしてくれる、簡単グッズ、断熱シートのご紹介でした。

貼った後の感想など、また後日ブログにまとめます~

本日は以上です!

 

◎冬でもあったかく過ごせるぽっかぽか住宅作り
自然素材をふんだんに使った、安心・安全な家作りが得意
株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52-7
お問い合わせはお気軽に 
TEL072-857-6138

 

 

 *ご質問はお気軽に~LINEでも受け付けてます♪

1ページ (全56ページ中)