中川義仁 自己紹介へ

高断熱高気密住宅だからこそおススメな自然素材

内装仕上げ材に“自然素材”を採用している、八尾の家です。

枚方市で、パッシブハウスをはじめ、
一年中快適な温熱環境で過ごせる高断熱高気密住宅の建築を行う中川忠工務店の中川義仁です。

今日は、高断熱高気密 八尾の家
(Q値1.53 Ua値0.29 C値0.3)の内装仕上げ材のお話です。

◎11/4sat・11/5sun 八尾の家の完成見学会の案内はこちら

高断熱高気密仕様の住宅だからこそ、おススメな自然素材

八尾の家では、内装仕上げ材に安心安全な自然素材を採用しています。

たとえは、壁紙。

壁紙は、紙クロスです。

内装【紙クロス施工中】

なんといっても大きな特徴は、住む人にとって安心安全な素材であるということ。

特徴【1】身体にやさしい

天然成分が主成分の紙クロスは、化学物質の影響を心配せずに、安心してご使用いただけます

高断熱高気密で、室内の空気をクリーンに保ちやすい住宅だからこそ、
室内から発生する化学物質はできる限り避けたいところ。

特徴【2】カビの発生を抑制

また、呼吸性のある紙クロスは、一般的な塩ビクロスに比べて、約16倍の放湿性能の呼吸性があります。

この、湿気が行き来できる特性が、湿気によるカビのリスクを低減させます。

従って、アレルギー物質の少ない室内空気環境を作るお手伝いをしてくれます。

特徴【3】家事の負担を軽減

塩ビクロスと異なり、素材の表面で静電気を発生させないため、壁に埃を引き寄せず、壁が黒ずみにくいが嬉しい特徴のひとつ。

壁のお掃除の負担が減って、家事の時短にも!

特徴【4】一度張ると、張り替えの必要なし

紙クロスは、一度張ると張り替える必要がなく、エコロジー。

メンテナンスもしやすいのがおススメポイント!

原料は、主に再生可能なものを使用しているので、環境にもやさしい素材です。

 

 

◎そんな紙クロスを体感できる、完成見学会のご案内はコチラ~

八尾の家 OPEN HOUSE
11/4sat・11/5sun 10~16時
完全予約制 予約はこちらから(クリックしてね)

ご参考になれば嬉しいです!

他にも、無垢材やリノリュウムの床も採用しておりますので、またブログでもご紹介しますね~!

 

施工事例集

現場レポート

*お問合せはLINEからがカンタン!24時間受付中。

LINE

 

 

1ページ (全69ページ中)