緒方ゆうこ 自己紹介へ

身体にやさしい素材を使ってつくる家づくり

2018/06/27(水) NAKACHUの家づくり

性能と建材にこだわって家を建てること

こんにちは!女性の綺麗と健康を応援する、衣・食・住のトータルアドバイザー、枚方市にある中川忠工務店のスタッフ、緒方ゆうこです。

6月も終わりに近づいていますが。
ようやく中川忠工務店MAGAZIN6月号の配布が完了しつつあります(遅っ!笑)

 

中川忠工務店MAGAZIN6月号

 

いつも何を書こうかな~と頭をひねらせてますが。
できたら、読んでいて面白いな、って思っていただけると最高。
また、皆さんが知りたいな~って思っていることと、私たちがお伝えしたいことが合致していたら、
それもまた最高・・・。

とまあ、かるぅ~く読んでいただけたら嬉しいです(笑)

 

 

体に不調をきたす「シックハウス症候群

 

6月号では、「シックハウス症候群」について特集しています。

 

家づくりのお手伝いをさせていただくようになって、
近年は、家と健康との深い結びつきをすごく感じています。

特に、顕著なのが、「冬の家の寒さ
家の中の寒さが、ヒートショックという痛ましい事故を引き起こすことが問題視され、
冬でも家の中をあたたかく保ち、家の中の温度差をなくすことがいかに私たちの健康を保つために重要なことなのか。
弊社のブログでも何度も書いたことがあります。

※そのときのブログはこちら
・ヒートショックとは
・寒さと血圧の関係

ヒートショックの危険性はテレビや新聞、雑誌、インターネットのニュースサイトなどでも取り上げられることが増え、認知度が増えてきたのではないかなあと思っています。

 

また、家と健康の関係は、ヒートショックだけではありません。
これからの季節でいえば、暑い夏の室内で起きる熱中症の発症のリスク。
雨漏り、結露などで発生するカビやダニなどによるアレルギー、ぜんそくなどの発症リスク。
湿度がコントロールできないことによる、体調不良、など。

 

家の性能が、私たちの健康に大きな影響を及ぼしています。

 

 

家の作り手として、健康を脅かすような家を建ててはいけないと感じています。

 

 

出来る限りアレルギー症状が起きないような生活を

 

 そんな様々な家の健康リスクの中でも、私が気になるのが「アレルギー」のこと。

 

私は、子どもの頃からひどいアトピー性皮膚炎でした。
物心ついたときから、体中が包帯でぐるぐる巻かれていたことを覚えています。

無意識に体中をひっかいてしまい、よく血だらけになっていました(笑)

子どもの頃で一番辛かったのが、小学生のとき。
特に、夏。
夏の何がイヤだったかって、半袖になるから。

私が通っていた小学校は公立にしてはめずらしく制服でしたので、夏は強制的に半袖。
かきむしって、ただれた身体を見られるのがイヤでイヤで・・・。

子どもの頃のアトピーって、特に関節の内側がひどかったんです。
肘裏とか、膝裏とか。
だから、よく整列したときにさせられる「前ならえ」(腕を前の人に向ってまっすぐ伸ばすやつ)がめっちゃイヤだったな~
ただれた肘裏を思いっきりださないといけないから(苦笑)

幸い、アトピーだったことで、からかわれたりイジメられたりそんなことはなかったんですが。
とにかく、自分自身がイヤでイヤで仕方なかった記憶しかありません。

 

大人になってからも、アトピーの悩みは尽きません(笑)

 

アトピー性皮膚炎を持っていると、他にももれなくいろんなアレルギー症状が出たりします。。。
小児喘息や、アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎・・・、いろんなアレルギーを経験してます。

 

 

だからこそ。

 

日々気をつけているのは、
いかに「アレルギーを悪化させないように生活するか

 

何度も何度も何度も、
「次生まれ変わるなら、アトピーじゃない身体で生まれてきたい」
って思った。

同じ姉妹でもアトピーとは無縁で、しかも肌がものすごくキレイな姉の肌をうらやましいと思った。
アレルギーなんてどんなもの?で、お肌のケアに一切興味が無いにもかかわらず、お肌がとてもキレイな母の肌をうらやましいと思った。

お母さんも、お姉ちゃんも、あんなに肌がキレイなのに、自分だけなぜ?って。
(ちなみに、うちは父も兄も肌がめちゃくちゃきれい(兄は、残念ながら大人になってからアトピーになってしまったけど・・・))

 

でも、そんなこと考えるだけ無駄なんですよね。
願うだけでは、祈るだけでは自分の体質は変わらない。

 

 

アトピーでアレルギーのある、この身体を認めて、受け入れて、
じゃあ、自分はどんな毎日を過ごしたらいいのか?って考えることが大切。

 

アトピーがひどかったからこそ、
健康に、そして「衣」「食」「住」の大切さに気付くことができました。

 

そして、
家づくりからも、アトピーやアレルギーの方にもやさしい住まいをご提供したい、
と思うようになりました。

 

長くなってきたので、今日はここまで。

次回は、アトピーやアレルギー疾患をお持ちの方にもやさしい家づくりについてお伝えします。

 

お手元に届いたら、ゆるりとお読みくださいね~

 

ということで、本日は以上です!

◎夏でも涼しく過ごせる家作り。もう熱帯夜に悩まされない心地よい寝室作り。
自然素材をいかした安心・安全な家を建てます。
今暑い・寒い家をあたたかくする断熱リフォームも得意。

にお悩みの方はコチラ

株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52-7
072-857-6138

 


中川忠工務店パッシブハウスの賛助会員です。

◎家づくりにかける想い

 

 

 

 *ご質問はお気軽に~LINEでも受け付けてます♪

1ページ (全56ページ中)