緒方ゆうこ 自己紹介へ

朝起きて部屋が寒くて布団から出られない、そんなお悩みを解消するためには

寒い冬でも快適な室温で過ごすためにも、「窓」を真剣に考えてみる

こんばんは!女性の綺麗と健康をサポートする、衣・食・住のトータルアドバイザー、枚方の中川忠工務店のスタッフ、あとぴっこの緒方ゆうこです。

先日行った展示会。私がとっても注目している「」もちゃんとチェックしてきました!
今日は、これから家を新築される方、建替えされる方、またはリフォームされる方にぜひ知っていただきたい「窓」のこと。

家の寒さ・暑さの大元が「窓」にあると知ってから、窓の重要性をひしひしと感じます。
特にこれからは寒さが厳しくなってくる季節、家の中が寒いのはつらいです。

朝起きて室内の寒さがつらくてあたたかい布団から出られない、という方も多いのではないでしょうか。

家の暑さ・寒さの原因は「窓」にある(ykk ap HPより引用)

 

最新の窓を中川棟梁と一緒にチェックしてきました

一昔前は標準だった、アルミサッシに単体窓。
実は残念ながら、最も熱損失が高い窓です。
冬、いくら暖房で部屋の中をあたためても、あたたかい空気は外へ出て行き、代わりに冷たい空気が家の中へ入ってきます。

窓が断熱性能が低い場合、窓を変えないと、室内の冬の寒さ・結露問題、夏の暑さ問題はなかなか解決が難しいと思われます。

窓を変えるのはなかなか大変なイメージもありますが、内窓を取り付けるだけでも、断熱性能がぐんっと上がります。
省エネ・結露抑制・防音・防犯効果が期待できる、エコ内窓 プラマードU。

見た目もスッキリ!引き手に鍵がついているから、施解錠もラクラク行えます!

エコ内窓プラマードU

こちらは断熱性能が高い樹脂窓。
樹脂サッシは熱を通しにくく、複層ガラスは単体ガラスよりも熱を通しにくい。
※樹脂は、アルミの約1000分の1の熱伝導率

樹脂サッシに複層ガラスの窓は、冬を室内であたたかく、夏を涼しく快適に家で過ごすために、今や必須窓と言えます。

YKK ap の断熱性能の高い樹脂窓

下記の写真は、樹脂サッシ×複層ガラスがいかに熱を通しにくいかがわかる実験。
外側に冷たいドライアイスを置いて、外気が冷たい冬の状態を作ります。

 

左がアルミ枠、真ん中がアルミと樹脂の複合枠、右が最も断熱効果が高い樹脂枠

写真でおわかりいただけますでしょうか。

アルミは熱を非常に通しやすく、冷たい外気にさらされてサッシ枠まで凍ってしまっています。
まさにコールドドラフト状態。

コールドドラフトとは?
冷たい窓辺から発生する下降冷気のこと。
室内に温度差が生じるため空間の快適性を損なうばかりか、脳溢血や冷え性が悪化するなど、身体的にも悪影響を及ぼすと言われています。
窓の断熱性を高めることで、コールドドラフトを抑制する効果があります。

逆に、樹脂は熱を非常に通しにくいため、サッシは凍りません。

樹脂枠は、ドライアイスで冷やしても、冷たさが枠に伝わっていきませんが、アルミ、アルミ・樹脂複合枠は冷たさが伝わり、枠自体が凍ってしまっています。

右の樹脂は、樹脂枠がほとんど冷えていませんが、左のアルミ、真ん中のアルミ樹脂複合は、枠が凍ってしまっています

 

同じ窓、といってもこれだけ熱伝導率が違います。
もちろん、高性能は窓ほど費用はかかってしまいます。

ですが、将来かかる冷暖房費のことを考えると、初期投資はかさむかもしれませんが、窓はやはり断熱性能が高いものを取り付けることをおすすめします。

毎日が快適な室温で元気に暮らすためにも、窓の大切さをもっと伝えていきたいと思います。

本日は以上です。

◎アトピーやアレルギーをお持ちの方にやさしい、安心安全なお住まい作り

家族の健康と笑顔を守る、一年中快適な室温で暮らせる家。自然素材をいかしたエコハウス作りが得意

株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52-7
お問い合わせはお気軽に こちら
TEL072-857-6128

 

 

 *ご質問はお気軽に~LINEでも受け付けてます♪

1ページ (全56ページ中)