緒方ゆうこ 自己紹介へ

断熱リフォーム。今暑い家・寒い家を、一年を通して快適に過ごせる住まいに

いよいよ9月に入り、朝晩は少しづつ秋の気配を感じるようになってきたような、
でもまだまだ暑い、枚方です。

枚方市で、パッシブハウスをはじめ、一年を通して健康で快適に過ごせる高断熱高気密住宅を建てる、中川忠工務店緒方です。

そういえば、今年は枚方は39℃を記録したとかでニュースに取り上げられてました。
残暑はまだまだ厳しく、暑い日が続いてます。

この昨今の日本の蒸し暑い夏。
どうにか家の暑さはなんとかならないものかと、断熱リフォーム&リノベーションのお問合せも増えてきています。

先日は、家の寒さや暑さをなんとかしたいとのご相談をいただき、断熱改修リフォームをさせていただきました。

断熱改修リフォームも、お家やご予算、ご希望などによって、いろいろな方法があります。

今回は、床と天井の断熱材を入れなおしました。

熱の伝わりを絶つ断熱材。寒さや暑さから家を守る

既存年数が長いほど、
・そもそも断熱材がほとんど入っていない
・断熱材が劣化している
・断熱材が入っていても不十分な厚み
・断熱材が外れてしまってる・・・

等の、問題点がある場合があります。

断熱材は、外気の熱の伝わりを絶ち、冬は寒さから、夏は熱さから家を守るために重要

まずは断熱材を適切に入れ直し、寒さや暑さから家を守ります。

冷暖房の効きも良くなり、効率的に涼しさや暖かさを保つことができ、省エネ効果も期待できます。

実際の断熱材の施工の様子

使用しているのは、現場で発泡させて施工する断熱材。

天井に断熱材を吹きこむことで、特に夏の上階の暑さ対策に効果的。

上から容赦なく注ぐ陽光の熱から家を守ります。

こちらは床下。

床下に施工する断熱材は、特に冬の床面の冷えに効果的。

断熱材の種類はいろいろありますが、
大切なのは「スキマ無く家を包み込むように連続して施工すること

リフォームで断熱材を入れなおす場合、スキマなく連続して断熱材を敷設することは難しかったりします。

今回採用した現場吹付の断熱材は、非常に扱いやすく、既存建物でもスキマや切れ目なく断熱材を施工することを可能にします。

中川忠工務店では、使用する断熱材を吟味し、断熱効果が高く、かつ、耐久性の高いものを厳選して採用しています。

また、住む人にとって安心安全な素材であることも大事なポイントです。

窓リフォームは断熱リフォームにおいて必須

断熱材の施工と併せて重要なのが、低断熱な窓の高断熱化です。

家の中の熱損失の7割以上は、窓が原因と言われています。

つまり、窓の断熱性が低いと、根本的な寒さ、暑さ対策はできません。

今回のおうちは、断熱材の入れ直しに加えて、おうちの窓の高断熱化リフォームも実施いたしました。

おうちの暑さや寒さにお悩みの場合は、まずは窓の見直しを!
そして、断熱材が不十分な場合は、断熱材の入れ直しも検討してみましょう。

断熱リフォームの効果は、長く続きます。

毎年来る真夏や真冬の暑さ寒さに苦しまなくていいように、また、
光熱費の高騰に備え、省エネルギーでも快適に過ごせるおうちづくりがオススメです~

施工事例集

現場レポート

*お問合せはLINEからがカンタン!24時間受付中。

LINE

 

 

1ページ (全68ページ中)