緒方ゆうこ 自己紹介へ

内窓は家の中の寒さ対策に。結露抑制・防音・防犯効果もあり!

1窓約60分のカンタン施工!内窓の設置で、部屋をあたたかく

こんにちは!女性の綺麗と元気を応援する、衣・食・住のトータルアドバイザー、枚方市にある中川忠工務店のスタッフ、緒方ゆうこです。

「北側にある部屋が冷えてさむい」

というお悩みを解消するべく、内窓の設置を行ってきました。

よかったらお先にこちらからどうぞ★
◎窓を変えるだけで、家の中の寒さが軽減する。内窓の設置を行うことになりました

ざっくりとまとめると。

アルミサッシに単体ガラスの窓がついているお客様宅。
熱を通しやすいアルミサッシと単体窓では、外の寒い空気がどんどんお部屋に入って、室内の寒さが増すばかり。
そこで、今ある窓の室内側に、断熱性の高い(つまり、冷たい外の空気を部屋に入ることを抑制してくれる)樹脂サッシにLow-e複層ガラスの窓を取り付けることにしました。

 

ということで、内窓の設置を行いました。
今日は、内窓の施工の様子と、どれだけ室温に変化があったかをご紹介します。

1、施工前準備と室内の温度の様子のチェック

施工前 既存の窓はアルミサッシに単体ガラスの窓

室内の室温の様子を、赤外線サーモカメラでチェック。
窓回りは濃い青紫色になっており、いかに窓から冷たい空気が部屋に流れ込んできているかがわかります。

暖房無しの状態で、室温は11.2℃。部屋の中がとても冷えてしまっています。

 

2、既存の窓の内側に、四方に枠を取り付けていきます

今ついている窓の内側の四方に、枠を取り付けていきます。

枠 取り付け前

枠 取り付け後

今回のお客様宅の窓には、内障子がついていました。

障子枠がついていても、この枠を取り付けることができます。

障子枠がついていても、この枠を取り付けることができます

 

3、あとは内窓を取り付けるだけ

四方に枠がついたら、後は内窓を取り付けるだけ。
とてもカンタン施工です!今回は、内窓を4つ取り付けました。

完成!

和室の雰囲気に合わせて、今回は横繁吹寄格子タイプを選びました。
和紙調ガラスと組み合わせて使い和障子の趣きを演出してくれます。

既存窓の内側に窓がつきました

完成

窓が二重窓に

 

外から見るとこんな感じになります。

外から見ても、外観を損ないません

 

そして、何といっても嬉しい所が、施工がとても速いということ。
壁を壊すような大がかりな工事も不要。1窓約60分※と言われていますが。
(※窓の大きさや状況によって変わります)

今回は、1窓約30分。
4窓、2時間程で完了しました。

施工の速さをよかったらツイッターでご覧ください。

 

気になる室温は・・・

BEFORE 11.2℃

AFTER 14.6℃

 

施工前、11.2℃から、14.6℃まで室温があがりました。

また、それだけでなく、窓回りが濃い青紫色でとても冷たくなっていましたが、内窓を取り付けると、窓回りが黄色からオレンジ色に。
これは、窓回りの冷気が緩和され、空気があたたかくなってきているのがわかります。

 

4、内窓の素晴らしい効果とは

◎家の中がぽかぽかに

内窓を取り付けると冷たい外気の影響を受けにくくなり、部屋の断熱性が高まり、家の中があたたかくなります。

◎結露を抑制

内窓を取り付けると、窓が冷えにくくなります。
よって、結露の発生を抑制してくれます。

◎嬉しい省エネ

内窓を付けることによって、部屋の中の暖房効率が上がります。
暖房をがんがんにつけなくても、部屋があたたまりやすくなり、結果、毎月の光熱費の負担を減らすことができます。

◎部屋の防音性が上がる

内窓を付けると、外からの音を15dB※低減。
※人間の耳は、10dB下がると、音が半分に減ったように感じると言われています。

外の騒音が半分以下に聞こえる防音効果を発揮します。

◎暑い夏でもお部屋が過ごしやすくなる

内窓は、冬の冷たい外気はもちろん、夏の暑い空気が入ってくることを抑制する効果もあります。
窓からの日射熱は、部屋を暑くする原因になります。遮熱タイプのガラスを選ぶと、日射熱がよりカットできます。

◎防犯性が上がる

内窓を取り付けることで、防犯性能が上がります。
また、ガラスの間に弾力性のあるフィルムを挟み込むことで破壊しにくくなっています。
※防犯合わせガラス仕様のものに限る

 

断熱性の高い窓ってどんな窓?

秘密は樹脂フレーム
アルミの1000倍熱を伝えにくい素材である樹脂は、窓から入って切る熱の出入りを抑制してくれます。

そして、Low-E複層ガラス

複層ガラスとは、2枚のガラスの間に、乾燥空気を閉じ込め断熱。
空気は、液体・固体に比べて熱伝導率が非常に低いです。つまり、熱がとても伝わりにくいということ。
また、断熱性能が最も高いのは「動かない空気」
2枚のガラスの間に乾燥空気を閉じ込めることで、より断熱性能が上がります。

そして、Low-Eとは、金属膜のこと。
ガラスの間に金属膜を取り付けることで、より断熱性能が上がります。

日の当たりにくい窓、寒冷地には、断熱タイプが。
夏の日差しや西日が気になる窓には、遮熱タイプがオススメです。

 

まとめ

ということで、今回は、お部屋の寒さ対策にぴったりな内窓の設置の施工に様子をご紹介しました。

内窓の設置の良さは、毎日生活していてじわじわ感じてくるものですので、また時間をおいてお客様に設置後の感想を聞いてみたいと思います。

また、寒い家の根本的な解決には、断熱リフォームがおすすめです。
◎住みながらでも出来る!断熱リフォーム

家の中の寒さは、私たちの身体に大きな負担をかけます。
毎日元気で過ごすためにも、ぜひ、家の中の寒さ対策を行いましょう!

本日は以上です。

◎冬でもぽかぽかで暮らせる家作り
今寒い家をあたたかくする断熱リフォームも得意です

注文住宅・新築・設計・施工・リフォーム・賃貸・管理・不動産
株式会社中川忠工務店

大阪府枚方市長尾元町6丁目52-7
お問い合わせはお気軽に 
TEL072-857-6138

 

 

 *ご質問はお気軽に~LINEでも受け付けてます♪

1ページ (全56ページ中)