スタッフブログ

カーテンを付けないという選択もある 長尾の家

中川義仁 自己紹介へ

お引渡しの日が近づいている、長尾の家
最後まで気を引き締めて施工します。
中川忠工務店の中川義仁です。
(完成見学会のご案内はコチラ

 お引越しなどの話をしているときに、ふとお施主様からカーテンの相談を受けました。

実は、長尾の家は、今のところカーテンを付けない予定になっています。

 長尾の家 カーテン不要の理由とは

ほとんどの家でついているであろう、カーテン。
カーテンには大切な役割があります。

・街灯や日差しを遮り、眠るときに寝室を暗くするため
・外からの視線を遮るため
・熱い日差しを遮るため 

ほかにも、インテリアとして楽しむこともできます。

 

そのカーテンを、長尾の家では設置しません。

なぜなら長尾の家は、夏の暑い日差しを効率的にカットするために、外側にシェードを取り付けるから。

冬はできる限りあたたかな日差しを窓から取り入れることで、家の中をあたたかく保つ手助けとなります。
逆に夏は、窓から入る熱い日差しを上手にカットすることで、家の中が暑くなることを抑制します。

この夏の熱い日差しは、家の内側でカットするのではなく、家の外側でカットすることが重要です。
家の中に入った日差しをカーテンでカットしても、カーテンの部分に日差しの熱がこもり、冷房の効きを悪くする原因になります。

熱い日差しは、家の中に入る前に、つまり外側でカットすることが原則。

外側で日差しを遮るために、シェードや外付けブラインド、昔ながらのすだれやよしず、緑のカーテンなど設置が効果的。

長尾の家は、少ない冷暖房エネルギーで家中を冬あたたかく夏涼しく保てるように、断熱性気密性を高めています。
その高い住宅性能効果をより発揮できるように、日差しが降り注ぐ窓にシェードを設置。

家の中からカンタンに上げ下げできるシェードなので、日差しを入れたいときは上げておき、日差しをカットしたいときはシェードを下げられます。

また、長尾の家の立地条件、配置を考慮して、日差しをカットする必要のない窓はスリガラスを採用。
様々な条件をクリアした結果、カーテンをつけなくても生活ができるのではないかと判断しました。

 

カーテンをつけないメリット

・カーテン及びカーテンレールの取り付けが不要になり、コストカットができる
・カーテンを洗う手間が不要になる
・埃がたまりやすいカーテン部分の掃除が不要に

インテリアの一部としても楽しめるカーテンですが、カーテンを設置しないことで、スッキリとしたインテリアにすることができます。

また、カーテンのお手入れが不要になるため家事の負担を軽減。
全部屋に付けるカーテンの費用を減らせるので、コストカットにもなります。

 

このお話をさせていただくと、長尾のお施主様もカーテンが要らなくて済むので嬉しいとおっしゃっていただけました。
もちろん実際に生活していただいて、カーテンが欲しいと思われたらすぐに付けられるようにしています。

 

最後に

カーテンがあった方が良い、なかった方が良い、という話では決してありません。

家は十人十色。
ご家族様それぞれに、家づくりが違います。
注文住宅は、このようにいろんな家づくりができることを、知っていただけたら嬉しいです。

 

 今回ご紹介いたしました、長尾の家の完成見学会のご案内↓↓↓

 

家族が元気で心地良く過ごせる家づくりを
そんな想いをもって施工いたしました、長尾の家(UA値0.34 C値0.19)の完成見学会(完全予約制)を開催いたします。

日時:2020年3月28日(土)・29日(日)10時~16時

詳しくは コチラ

完成見学会案内

 

記事一覧|2020年3月

ページトップへ