スタッフブログ

既存住宅の設備を新しい家づくりに使うことができる?

中川義仁 自己紹介へ
2022/06/12(日) NAKACHUの家づくり

新しくはじまる家づくりの現場。
まずは既存住宅の解体が始まりましたので、打ち合わせを兼ねて見に行ってきました。

中川忠工務店中川義仁です。

【本文とは関係ありませんが、西瓜を食べる愛犬楓~】

今回、既存住宅のトイレを取り外し、新しい家に取り付けたいというお施主様からのご要望を頂戴しました。

解体に際し、トイレを撤去して弊社倉庫にて、施工日まで保管いたします。

 自由設計NAKACHUの家では、既存住宅の設備などを再利用したい場合、できる限り柔軟に対応できるように努めています。

もちろん、状況によって「できること」と「できないこと」は出てきます。

しかし、せっかくオーダーメイドで一から新しく家を作り上げていきますので、お施主様のご希望を叶えられたらといつも思っています。

今回はトイレでしたが、思い出のあるモノを再利用することもできます。

例えば。
「かけがえのない家族の思い出が詰まった大黒柱。
その柱を、新しい家で梁などに利用する。」

「子どもたちが背比べをした柱を利用して、ベンチを作る。」など。

建て替え時に、既存家屋は解体撤去されますが、その一部を新しい家に使うことで、思い出はずっと残ります。

オリジナルの唯一無二の家づくりが出来ればと思っておりますので、既存住宅のモノを再利用したい場合はまずはお気軽にご相談ください。

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます!

記事一覧|2022年6月

ページトップへ