スタッフブログ

淡路島にてパッシブハウス認定取得申請予定物件見学

中川義仁 自己紹介へ

少し前になりますが、パッシブハウスジャパン四国支部の勉強会に参加してきました。
中川忠工務店中川義仁です。


【見学時に見た五色浜 とても美しい海でした】

 
【物件からは青い海が一望できます】

淡路の家の設計は、神奈川県のキーアーキテクツさん。
そして、香川県のプラン・リーブル、高岡先生。

高岡先生には、高断熱高気密NAKACHUの家の設計もいくつか担当していただいております。

施工は、徳島県の青木建設さん。

断熱性能もさることながら、デザインもとても素晴らしかったです。

高断熱高気密の高性能住宅といえども、断熱構成・気密施工・換気、空調計画など、様々な施工方法があります。

住宅性能にチカラを入れている志の高い設計・施工の家が見られて、大変勉強になりました。

 この後は徳島に移動し、パッシブハウスジャパン四国支部の勉強会に参加。

淡路の家の工事の内容や、施工で苦労したところなど。
また、他の会員さんが登壇され、主に高性能な住宅を建てる上でのいろいろなお話を伺うことができました。

高断熱高気密住宅の良さとは

高断熱高気密住宅って、いったい何が良いのか。
高性能住宅に住むことで得られる暮らしの良さとは。

まずは大きなポイントとして、
「一年を通して快適な温熱環境の元、生活を送れる」が挙げられます。

日本は四季がありますから、無暖房で心地良く暮らせる時期はわずかです。
なにかしら冷暖房で気温や湿度を整えながら生活しています。

高断熱高気密住宅は、そういった気温や湿度の温熱環境が整いやすい住宅。
一年中春のような秋のような空気感で家を包むことができます。

暑さや寒さが私たちに与える不快感は大きく、精神的にも、肉体的にもストレスがかかります。
そういった負担から解放される生活は、想像以上に快適で心地良く健康的。

真の家の快適さを感じていただけると実感しています。

LDK
【高断熱高気密住宅 香里の家:住み心地のインタビューはコチラをクリック

そして、省エネルギー。
昨今の電気料金の値上げで、冷暖房を使うこともためらいそうになりますが、高断熱高気密住宅は少ないエネルギーで、家中を快適な温熱環境に整えてくれます。

まさに家計にもやさしいエコ住宅。

そんな住む人にも環境にもやさしい住宅が、もっともっと普及してほしいと願っています。

 

 
【淡路島から徳島までの移動中に見た景色】

弊社のような規模の小さな工務店では、関わることのできる物件棟数には限りがあります。
だからこそ、自ら動かないと家づくりは進歩したいかないと痛感しています。

経営者として、常に新しい風を入れる工夫をすることと。
常に、今できる最高の家づくりをご提供できるように努めています。

だからこそ、こういった勉強会に出来る限り参加し、様々な物件を見学し、常に新情報をキャッチできるように心がけ、
また、高断熱高気密住宅を建てている方のお話を直に伺うことにより、新たな気づきや発見を多くいただけています。

こういった機会に触れることができることに感謝し、参加したことに満足することなく、得たものをこれからの良い家づくりに活かしていけるように精進します!

最後に。
波の音って癒されますね~
美しい五色浜の海の波音です♪

 

◎パッシブハウス認定取得申請予定の宇治の家、現場レポートはコチラ

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます!

記事一覧|2022年6月

ページトップへ