スタッフブログ

世界にひとつだけの家に、世界にひとつだけの銘木を使う

緒方ゆうこ 自己紹介へ

できる限りお施主様の要望をかなえたい。
長く住む家だからこそ、お気に入りの空間になるように。

中川忠工務店の緒方です。

間取りを一からお施工主様と一緒に考えて作り上げていく“注文住宅”
良いところといえば、やっぱり“こうしたい”というお施主様の希望をかなえられるところだと思うんです。

家の構造上の問題や、予算など。いろんな理由で、できないことももちろんあります。
でも、好きなデザインや使い勝手の良い収納、あったらいいなの室内干し、こういう動線で動きたいからココにこれがほしい。
まさに“かゆいところに手が届く”、細かな要望を叶えたい。

キッチンの使い方も、家事の仕方も、十人十色。
使う方にとって、使い勝手良く仕上げたい。

 ・

 先日、完成が近づいている“長尾の家”のお施主様より、
中川さんにお願いすると、なんでも叶えてもらえる気がしてついお願いし過ぎちゃうんです~
と笑っておっしゃっていただきました。

そう言っていただけるなんて、とても光栄でとても嬉しかったです~
中川棟梁も、「お施主様がこうしたい!」という願望をできる限り叶えられるように奮闘しております~

 

世界にひとつだけの家に、世界にひとつだけの銘木で収納をつくる

 毎月ある、大阪銘木市場。
今月は比較的大きな市場。
日本中から、いろんな銘木が集まってきます。

長尾の家には、キッチンの後ろに大きな収納が設置されます。
この収納は既製品ではなく、製作家具。
お施主様のお好みでカスタマイズできる、まさにこの世にひとつだけの収納。
サイズから色、把手など、すべてお好きに選べます~

 

その収納に使う天板を、先日の市場に見に行ってました~

 

 

 

 

 

銘木との出会いは、まさに一期一会。
これだと思う木に出会える時と、出会えない時もあります。

さて、どの銘木を使ってどんな収納ができるか。
出来上がりましたら、またご紹介させていただきます~

そうそう。

長尾の家では、キッチン横にダイニングテーブルを置く予定になっています。
そのテーブルは、おうちを施工させてただくことが決まった時に、おうちに合うテーブルをオリジナルで作らせていただくことをお約束。
中川棟梁が、おうちの雰囲気に合う銘木を市場で探してきて、ただいま製作中。

こちらも完成が楽しみ!気に入っていただけたら嬉しいな~と今からドキドキしています。

 

自然素材である銘木は、ひとつとして同じものはありません。
そんな銘木をつかって、世界にひとつだけのおうちの記念になるような、そんな何かが作れたらといつも思っています。

 

 

長尾の家は、今週末(3月28日(土)・3月29日(日)10時~16時 予約制)を開催します。

新型コロナウィルスの影響で、一部未施工の箇所がありますが、ご興味がおありの方はぜひ見学にお越しくださいね~

◎見学の詳細とお申し込みは コチラ

 
【長尾の家】

 *ご質問はお気軽に~LINEでも受け付けてます↓↓↓

友だち追加

記事一覧

1ページ (全40ページ中)

ページトップへ