中川義仁 自己紹介へ

【リフォーム】今暑い・寒い家のお悩みを解決する断熱リフォーム

2018/05/19(土) NAKACHUの家づくり

断熱材は質が大切、さらに正しい施工方法も重要!

こんにちは!
住まい手と一緒に楽しんで建てる家作り。
暑い夏も涼しく過ごせる家。冬もぽっかぽかで一年中快適な室温で暮らせる家が得意な、枚方市にある中川忠工務店の伝道師、中川義仁です。

今日は、チャネルオリジナルさんのご厚意で、
現在リフォーム中の現場へ見学に行ってきました。

チャネルオリジナルは建築資材の流通会社。

自然環境にかかる負荷を究極的に減らしつつ快適な暮らしを営むこと。
エネルギーセーブと自然エネルギーで構成された住宅。
自然素材に囲まれて過ごすライフスタイル。

こういった「グリーンビルディング」をコンセプトに、
未来へつながる省エネルギーと日本中の住宅の温熱環境の改善を目指します。

チャネルオリジナルHPより引用)

  • エネルギーも無駄にしない
  • 自然エネルギーを有効活用する
  • 経年劣化しても性能が継続的に発揮できる
  • より天然素材由来であること

チャネルオリジナルHPより)

こういった想いのもと、
建築資材を扱われているチャネルオリジナルさんに共感し、
とても良いお付き合いをさせていただいております。

以前も、高気密・高断熱パッシブハウスクラスの家の見学をさせていただいたり。
(このときも、とても感動しました。
夏だったのですが、28℃設定のエアコン1台で部屋中が涼しい。
24時間エアコンつけっぱなしで、驚く程冷房費のコストが安価なおうちでした。

 

今回は、リフォームで断熱材を入れなおしている現場を見学させていただきました。

現場施工担当大工の小川と一緒に見学へ

高性能な断熱材を適切に施工することの重要性

高性能な断熱材は、もちろんチャネルオリジナルさんでお取り扱いがあるもの。
その断熱材を入れなおしている現場を見に行くのは、
断熱材の質はもちろん、
その断熱材をどのように施工するかが非常に重要だから。

実際に、断熱材はこのように入ります(壁)

高性能な断熱材の良さを存分に発揮するためにも、
正しい施工を行うことが大切!

だからこそ、高性能な断熱材を取り扱うチャネルオリジナルさんのスタッフの方自らが、
実際の施工現場で施工方法のご指南もされているのです。

ここはどうなんだろう? そういった疑問にも親切丁寧にご指導くださいます

 

 

今回はリフォームの現場。

そう。

今住まわれている家が寒い・暑いというお悩み。
リフォームでそのお悩みを緩和させることが出来るんです!

今住んでいる家が寒い・暑い、そんなお悩みには断熱リフォーム

その方法のポイントは大きく2つ。

1、部屋の中の壁・天井の断熱材を
高性能なものに、適所に適切にいれなおすこと

2、窓を高断熱化すること
(高性能なトリプルガラスの樹脂窓がベスト!)

この2つをリフォームするだけでも、その部屋の居心地がぐんっと良くなります。

そして、生活の動線に合わせて
ゾーン断熱工事を行うと、
より生活するうえで温度ムラがなくなり、冬場のヒートショックなどの事故を抑制することにもつながります。
◎詳しくは コチラ

これから増加する、自宅での熱中症の発症を防ぐためにも、この断熱リフォームはオススメです。

 まとめ

 
これから家を建てる方にも、
高性能な断熱材をきちんと施工することを意識していただきたいです。そして、今家の中が夏は暑く、冬は寒い、結露する。
そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひ断熱リフォームをご検討下さい!

 

 

 

ということで、本日は以上です!

※参考記事 高気密・高断熱とは?
夏の暑さ対策 ・ 夏の湿度対策

5月27日(日)開催 ヒラカタ縁JOYカーニバルについてはコチラ

◎夏は涼しく、冬はぽかぽかあたたかい。
一年中快適な室温で暮らせる家作り。
株式会社中川忠工務店
大阪府枚方市長尾元町6丁目52番7号
お問い合わせはお気軽に 
TEL072-857-6138

 

中川忠工務店は、パッシブハウスジャパン会員です。

 

 

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます!

1ページ (全56ページ中)