スタッフブログ

耐震改修工事完了。強い地震に耐えうるように、耐力壁を設置

中川義仁 自己紹介へ

耐震改修工事の続きです。

まずはこちらからどうぞ
◎地震や台風など災害が起きた時のために、災害に強い屋根にすること

今回耐震改修工事をさせていただいたお客様宅は、日本家屋。


【施工前】

とても立派な座敷です。

続き間といって、複数の和室が襖で区切られ、必要に応じて空間を広く使うことができる造りになっています。
自宅で冠婚葬祭などを執り行ったり、家族や親戚などが大勢集まることが主流だった昔は、このような間取りが多く採用されていました。

とても使い勝手は良いのですが、壁が少ないという点で耐震性が劣ってしまいます。
今回のお客様宅のような続き間や、12畳以上の大きな空間のある建物、吹き抜けなどがあると一般的に耐震性が弱いといわれています。(建物によります)

 そのため、強い揺れに耐えうる建物にするためには、筋交いを適正に建物に配置し、耐力壁を適切に設置すること。
また、柱と土台を補強金物で緊結し、柱に生じる引抜力に対する抵抗力を上げること。

ほかにも、凹凸の多い複雑な形だったりとバランスの悪い建物。
雨漏りや結露、シロアリの被害によって柱や筋交いが腐食、劣化していること。
地盤が弱く沈下していたり、基礎に不備があること。

これらも耐震性を確認するうえで大変重要なポイントです。

 
【筋交いを入れて耐力壁を作っています】


【断熱材を入れて家の寒さ暑さ対策も】

 

新しく柱を立て筋交いを入れて耐力壁を設置。
リフォーム後の完成写真がこちらです。

 

 

(またまた続きます)

 ◎ご質問はお気軽に!LINEでも受け付けてます↓↓↓

友だち追加

記事一覧

1ページ (全34ページ中)

ページトップへ