家をシロアリ被害から守る

白蟻対策は、日本の家づくりで欠かせない重要な施工

日本の家づくりでは、シロアリ対策は頭を悩ませるところです。
日本国内、沖縄から北海道までシロアリは生息しています。

特に木造建築物は注意が必要です。

シロアリは、木材中のセルロースを栄養にしますが、栄養にならないものもかじる習性があるため、配管や電線、薄い鉄板や断熱材なども食害に遭う可能性があります。

シロアリは、光と風を嫌うため、地中や基礎面に蟻道(シロアリの通り道)を作り、建物の土台や柱などを食べ、建物の内部に侵入していきます。
シロアリの被害を未然に防ぐためにも、シロアリ対策を行いながら家づくりをしていくことが大切です。

家づくりの過程において行う、シロアリ対策の一つが基礎に行う防蟻防湿防水シート施工。

防蟻防湿防水シート

このシートは、シロアリ予防駆除のための土壌処理が散布できない地域にも、安心安全にご使用いただけます。
防蟻成分はシートから流出、揮発しないので、ヒトや環境に対しても安全性が高いのも、お施主様に安心しておススメできる大きなポイント。
防蟻だけでなく、長期にわたり防湿・防水の効果も期待できます。

家を支え守る基礎部分ですから、「何を使うか」はとても大切なことだと考えています。
だからこそ、選び抜いて自信をもっておススメできる建材を使って、仕上げていきます。

他にも、

・基礎断熱につかう断熱材に防蟻成分が入っている物を採用する
・シロアリが建物に侵入することを未然に防ぐ、セントリコンを施工する
・シロアリ対策の防蟻剤施工
・シロアリ返し 施工 など。

その家にあったシロアリ対策を行い、シロアリから大切な住まいを守るよう努めます。

 


 *ご質問はお気軽に~LINEでも受け付けてます♪

友だち追加

ページトップへ