パッシブハウスとは?

パッシブハウス-Passive House-とは

ドイツのパッシブハウス研究所が規定する、性能認定基準を満たす省エネルギー住宅です。

建物の性能を上げる事により、高性能の熱交換器による空調設備だけで、アクティブな冷暖房器具が不要であるという意味合いから『パッシブ(passive:受身の)』の名が付けられています。

パッシブハウスの基準は、世界各国の省エネルギー基準の中で最も厳しいと言われています。

パッシブハウスは、西ヨーロッパで普及が進み、木造に限らず鉄筋コンクリート造であったり、一般住宅以外にも共同住宅や消防署なども建築されています。

その省エネ性、断熱性、気密性は世界トップレベル。

日本は四季があるため、日本の気候に合わせたパッシブハウスの建築が望まれており、日本でパッシブハウス認定取得を受けた物件はまだ多くはありません。
*日本でパッシブハウス認定取得を受けた物件はコチラ

弊社は、超高性能で一次エネルギー消費量を出来る限り減らすように努め、環境にやさしく住みやすいパッシブハウスの家づくりに感銘をうけ、その家づくりを学び、高断熱高気密の家づくりにいかせるように努めています。

 

日本でのパッシブハウス-Passive House-

ヨーロッパでは現在、燃費の悪い家は建てられなくなってきています。

世界からみると、30年以上遅れていると言われている日本の住宅性能ですが、少しずつ向上していますが、それでもまだ遅れています。

高温多湿な日本において、少ない冷暖房エネルギーでも、夏は涼しく冬は暖かく保てる省エネルギーなパッシブハウスを建築するために、日本の気候風土に合わせた特別なノウハウがあります。

そんなパッシブハウスの基準を満たす、日本でのパッシブハウスは下記のサイトからご覧になれます。

https://passivehouse-japan.org/works/(クリックしてね)

中川忠工務店では、現在、大阪パッシブハウスと宇治パッシブハウスの2棟を建築。

パッシブハウス
【大阪府初のパッシブハウス:大阪パッシブハウス】

パッシブハウス
【宇治パッシブハウス】

世界的にみても非常に厳しい省エネ基準をクリアして、はじめて認定を受けることができるパッシブハウス。

一年中快適で心地良く、身体にやさしい暮らしを実現し、かつ、省エネルギー。

環境にやさしい家づくりで、少ない冷暖房エネルギーでも、快適に過ごせる住環境をつくります。

そんなパッシブハウスの大きな魅力と言えば、その究極に快適な住み心地。

パッシブハウスを実際に建ててみて。オーナー様の声

寒い冬でも、半袖であたたかく心地良く過ごしていただいているのは、宇治パッシブハウスのご家族様。

それでも使用する光熱費は安価で助かっています

と、オーナー様より、実際に1年以上生活されて、嬉しいお声を頂戴致しました。

パッシブハウス【宇治パッシブハウス お客様の声(クリックしてね)】

パッシブハウス
【大阪パッシブハウス オーナー様からの声(クリックしてね)】

 

機械1台で空調換気が整う、パッシブハウスの魅力

中川忠工務店がつくる、究極に快適なパッシブハウスの特徴をまとめてみました。

1,機械1台で暖房・冷房・換気・除湿・空気清浄を行う

機械1台で家中の空調・換気が整うように、綿密に設計計画されたパッシブハウス。

家中どこにいても心地良い空気環境で過ごせるように仕上げています。

温度ムラのない環境は、私たちの体と心にも良い影響を与えます。

パッシブハウス【心地良い温熱環境を保てる工夫が詰まっています】

2,家事動線を意識して、家事の時短を実現

中川忠工務店の家づくりは、完全オリジナルの自由設計。

イチからオーナー様と一緒に、住みやすい住環境を作り上げる唯一無二のおうちです。

使いやすい家事動線で、毎日の家事の負担を軽減します。

パッシブハウス【オーナー様とヒアリングを重ねて、住みやすい間取りを作り上げていきます】

3,子どもが元気に過ごせる家に

整った温熱環境・空気環境は、幼い子どもたちの心身に良い影響を与えます。

暑さで寝苦しくなることなく、暑い夏も朝までぐっすり。
冬は寒さで起きづらくなることなく、快適に起床。

十分に深く眠れる環境は、子どもたちの成長にも良いとされています。

また、快適な住環境では、集中力も高まりやすく勉強もはかどります。

大阪パッシブハウスでは、子ども部屋の間取りをまずは大きく取り、家でも楽しく遊べるように、ボルダリング・雲梯・ブランコなどを設置。

小さい頃の運動習慣は、身体の成長にも良い影響を与え、大人になってからの生活習慣病予防にも役立ちます。

成長に合わせてお部屋を区切れるようにしています。

パッシブハウス【遊べる子ども部屋】

パッシブハウスを建てるには

パッシブハウスを建てるには、綿密な設計計画と手間を惜しまない施工が必要になります。

中川忠工務店では、高断熱高気密の家づくりを学び、大工をはじめ、職人ひとりひとりが、高断熱高気密住宅建築のノウハウを学びます。

高断熱高気密住宅建築のスペシャリストだからこそできる、世界最高峰の家づくりです。

パッシブハウスの家づくりを行うのは、そこで暮らす皆さまの暮らしが変わることを知っているからです。

建築の初期投資は掛かりますが、光熱費の高騰に怯えることなく、省エネルギーでも一年中快適に暮らすことができるパッシブハウス。

ご興味がおありの方は、ぜひパッシブハウス建築実績のある、中川忠工務店へお問合せ下さい。

見学会のお知らせ施工事例集

現場レポート

*お問合せはLINEからがカンタン!24時間受付中。

LINE