ご存知ですか?!家の燃費のこと

車を買うときに意識する燃費。家も燃費を意識して建てること

月々支払う光熱費、思ったより高い!そんなことを感じたことはありませんか?

冬、寒いけど暖房費が気になる。夏、うだるように暑いけど冷房費が気になる。

そんな理由から、冷暖房をつけることさえ躊躇してしまうことはありませんか?

地球温暖化が進み、異常気象という言葉が当たり前のように感じている昨今。

夏は最高気温が毎年のように更新され、冬は急激に寒くなる。

日本の気象条件は、どんどん厳しくなっています。

暑さや寒さを我慢することで、最悪死に至ることもある

夏、冷房を我慢して熱中症で命を落とす。

冬、低温な家でヒートショックによる死亡事故が起きる。

そんな痛ましい事故が今増えています。

寒さや暑さを根性で耐えるということは、私たちの健康をも脅かしていることが、医学的にも証明されています。

だからといって、毎月の光熱費の負担は大きい。

せっかく建てた家のランニングコスト(光熱費)で悩むことがないよう、

中川忠工務店では、将来の光熱費を試算しながら家づくりを行っています。

将来の光熱費をシュミレーションできる燃費ナビ

 家の断熱、気密性能をどのようにするかによって、将来の光熱費の試算ができる「建もの 燃費ナビ」。

新築の場合、必ずこの燃費ナビで将来の光熱費の試算を行います。

その計算結果を元に、相談しながら家の断熱性能を決定していきます。

◎建もの燃費ナビ 計算結果 一例

 燃費ナビ

【枚方市 一戸建て住宅 例】

 

建物の仕様を、出来る限り月々の光熱費の負担を抑える仕様にしてみました。

建物燃費ナビ

【建物の仕様(一例)】

サッシは、熱流出入が少ない樹脂サッシを使用。

ガラスは、熱損失が少ないArgon 遮熱Low-e ブルーガラス。

ガラスには断熱材を入れることができないのですが、窓は最も熱損失が大きいところ。

従って、良質な断熱ガラスを採用することが重要。

よって、断熱材を入れた壁と同じくらいの高い断熱性を窓も持つことにつながります。

充填断熱、外部付加断熱、創エネ(エネルギーを自ら作り出す)のために、太陽光発電も設置。

そして、これが光熱費のシュミレーション結果です。

光熱費シュミレーション

【光熱費シュミレーション結果】

 

概算の光熱費が平均月額 11,865円。

太陽光発電を導入することにより、平均の月の売電収入は、13,357円。
※売電価格33円/kwで計算しているので、2017年の売電価格、28円で計算すると11,333円。

つまり、月の光熱費負担が、532円にまで減らせることになります。年間で、6,384円。

設計の段階から、省エネを考えて家の建て方を考えることにより、光熱費の負担をぐっと抑える家作りのお手伝いを行います。

省エネの家=高断熱・高気密の住宅を建てるためには、換気・断熱・気密について、きちんと考えられて建てられなければなりません。

気象グラフ


【冷暖房・気象グラフ】

こういったシュミレーションができるのも、注文住宅の強みと考えます。

 

エコカーから見る、エコハウスの重要性

これから光熱費の費用はどんどん高くなることが予想されます。

車のガソリンを考えてみると、変動は多少あるにしろ、確か約30年程前はレギュラーガソリンの価格はおよそ1リットル当たり95円でした。

そして現在、レギュラーガソリンの価格は、1リットル当たりおよそ135円。

40円もの値上がりをしています。

そして、たまにあるガソリンの価格の暴騰。あまりの高さに、やっぱりエコカーがいいなあ、と思われた方も多いと思います。

家も同じです。

日本のエネルギー問題を考えてみても、光熱費の負担をできる限り抑える家づくり、つまりエコハウス作りが、大変重要になってきます。

まとめ

今ご紹介いたしました光熱費シュミレーションの結果は、あくまでも概算の資料です。

また、実際に新築するときに光熱費のシュミレーションを行っても、多少のズレは生じます。

それは、各ご家庭での光熱費の使い方はそれぞれ違うことなどに起因しています。

しかし、家が建ち引っ越してから何十年もお付き合いすることになるお家ですから、家を建てる際、その住む期間のことをきちんと考えた家作りを行うことが重要です。

初期投資はかかるかもしれませんが、その先に支払う光熱費のことを考えると、中川忠工務店では高性能な高断熱高気密住宅であるエコハウスをおすすめしています。

コストの面だけでなく、それが私たちの健康にとても良い影響を与えるからです。

これから家を建てることをご検討の方は、建てる時のことはもちろん、そこでの生活がスタートしてから30年先のことまで見据えて、家作りを行っていただければ幸いです。

これからの住宅が、もっと住まう人にとって心地よいものになりますように。

窓

 

 

インスタグラム(中川忠工務店)

Facebook(中川忠工務店)

ページトップへ