お留守番が多いワンコもこれで快適!愛犬と暮らす家づくり

01 一緒に暮らす空間だからこそ、愛犬目線でもすごしやすい家づくり

今は愛犬を室内で飼うケースがほとんどです。

家づくりはヒトが暮らす目線はもちろん、一緒に過ごすワンコにとっても暮らしやすい家づくりが求められています。
愛犬の習性をわかったうえでの家づくりが必要です。

そこで、ワンコのために気を付けたい家づくりのポイントを6つまとめてみました。

1.まず一つ目がニオイ

気を付けていても、ワンコ特有のニオイがします。
慣れていると気づかなくなったりしますが、来客時など、ワンコのニオイが気になる、という方も多いと思います。

従って、消臭効果の高い建材を使って室内を仕上げること。
オススメは、「自然素材の塗り壁材」。

消臭効果が高く、かつ安心安全な建材で、イヤなニオイを消臭できる空間に。

【自然素材で消臭効果も高い、室内用塗り壁】

2.愛犬が床で滑る

ワンコが床で滑って、足腰を傷めるケースは多くあります。

ヒトにはなんてことのない床も、ワンコにとってはツルツルすべることも。
オススメなのは、ワンコが滑りにくい床を採用すること。
または、滑り止めのワックスを塗ること。

ワンコの足腰にやさしいマットを敷いたり、タイルカーペットを敷いたり、部屋に合わせて対策を。
ワンコが粗相したときも安心な、取り外して洗えるタイルカーペットは便利!

 

3.あったら便利!ワンコ専用のシャワーやペット用水栓

散歩から帰ってきたら、出来ればすぐにワンコを洗ってあげたいですよね。

そんなとき、ペット用水栓やペット専用の洗面台などがあったらやっぱり便利。
ワンコの毛詰まりで排水が詰まるなどのトラブルを防止するためにも、ワンコ専用の水栓はオススメ!

4.ワンコの吠え声が気になる・・・

ワンコの吠え声は、ご近所の方のことを考えてもやっぱり気になるところ。

お部屋の防音性を上げるためにも、内窓の設置はオススメ。
二重窓にすることで、防音性が高まり、ワンコが外の騒音に反応することも抑制することができます。

※二重窓は、お部屋の断熱性能を上げることにもつながります。

【施工事例:内窓設置】

5.家人がいないときのワンコの室温管理が気になる・・・

暑い夏、寒い冬。
家に誰もいないとき、ワンコの室温管理も気になるところ。

冷暖房をずっとつけていると光熱費も気になるところですが、うだるように暑かったり凍えるように寒かったらと冷暖房をつけてあげないわけにもいきません。

そこで、光熱費の削減のためにも、お部屋の断熱化はオススメ。

断熱リフォームで、お部屋自体を外からの熱の影響を受けにくくすることで、冷暖房の効きがよくなり、少ないエネルギーでお部屋を快適な室温に保つことが出来ます。

つまり、断熱リフォームは、留守番しがちなワンコも快適な室温で暮らすことが出来ます。

断熱リフォームは、ざっくりと説明すると、適所に高性能な断熱材を施工。

窓を断熱性能の高いものにし、換気システムを見直します。

【性能改善リフォーム:お風呂は在来工法からユニットバスへ】

6.その他

その他にも
・ワンコが好きなときに出入りできるペットドア
・ワンコのイタズラ防止機能付きの収納
・ワンコの飛び出し防止用の門扉
・ワンコがストレス無く楽しく遊べるウッドデッキやガーデンルーム

など、こだわるポイントはたくさんあります。

せっかく縁あって一緒に暮らすことになった愛犬ですから、ヒトにとっても、愛犬にとっても快適に過ごせる家づくりを目指したいですね。

ワンコも、大切な家族の一員です。

 


 *ご質問はLINEからもお気軽に~♪

ページトップへ