涼しい寝室で暑い夏も寝苦しさ知らず

真夏の気温がぐんぐんと上がる現在の日本。

最高気温の記録が毎年のように塗り替えられ、真夏日が何日も続く。
熱中症によって室内で命を落とす痛ましい事故も増えています。

暑さを我慢することが、人の命さえも奪ってしまう、そんな状態になっています。
このように夏の不快さは年々増しています。

従って、夏、涼しく過ごせる家をつくることは、毎日を元気に健康で過ごすためにも大変重要なことと言えます。
そこで、涼しい家づくりのポイントをまとめてみました。

01 夏、涼しく過ごせる家づくりとは

夏の不快な原因は「暑さ」に「強烈な日差し」。
涼しい家づくりのためには、この2つをなんとかしなければなりません。

そこで必要なのは、「断熱気密施工」「適切な換気計画」「高断熱の窓・玄関」と「日差しのカット」。

◎断熱気密施工

屋根、天井、壁に高性能な断熱材を厚くいれます。
そうすることで、太陽の熱が室内に伝わりにくくなります。

そして、気密施工。

家の無駄なスキマをできる限り無くし、熱い外気が家の中に流入することを防ぎ、家の中の空気をコントロールしやすくします。
しっかりと断熱・気密施工をすることで、暑い夏もエアコンが効きやすく、家中ムラなく涼しいお住まいを実現します。

◎適切な換気計画

気密性を高めるからこそ、大切な換気計画。

機械で給気・排気を行う第一種換気システム、かつ、熱交換型で換気による熱のロスを軽減。
換気により室内が暑くなることを防ぎ、エアコンの省エネ効果を高めます。

◎高断熱の窓・玄関

家の中で最も熱を伝えやすいのが開口部(窓や玄関)です。
開口部は、壁に開いたいわば大きな穴。

その穴の断熱性が低いと、そこから熱がどんどん部屋の中に流入し、部屋を暑くさせる原因に。
従って、開口部に高断熱の窓や玄関を設置することは、夏の暑さ対策に貢献します。

◎日差しのカット

暑い夏の日差しをいかに効率よくカットするかも、涼しい家づくりには欠かせない要素。

ポイントは、熱い日差しが家の中に入る前に日差しを遮断すること。

家の中に入ってからカーテンで日差しを遮っても、カーテン付近に熱がこもり、エアコンの効きも良くなりません。

お勧めは、家づくりの段階から日射の角度を計算して、きちんと軒や庇の施工をすること。
そして、窓に外付けブラインドやシェードを設置して家の中に入る前に日差しをカットします。

外付けブラインドやシェードは、不要なときは収納できるので便利!

しぇーど

【アウターシェード 施工例】

日よけをすることで、部屋に入る日射しは約4分の1に減らすことが出来ます。

また、昔ながらの簾、よしず、緑が美しいグリーンのカーテンもおススメです。

02 まとめ

涼しい家づくりの大きなポイントである、「断熱気密施工」「適切な換気計画」「高断熱の窓・玄関」と「日差しのカット」。

夏の暑さに強い家づくりを行うことで、エアコンの効きが良くなり冷房費の節約にもなります。

よく、「2階の寝室が暑くなって夜寝苦しい」というお悩みを頂戴します。

断熱気密施工がしっかりとした家づくりを行うことで、暑い寝室も涼しくなり、夜ぐっすりと眠ることができます。
ただでさえ暑さで体力を消耗しがちな夏、睡眠をしっかりと摂ることで日々の疲れを癒すことができます。

元気な毎日のために、しっかりと暑さ対策を行った家づくりを行うことをオススメしています。

 


 *ご質問はLINEからもお気軽に~♪

ページトップへ