涼しい寝室で暑い夏も寝苦しさ知らず

真夏の気温がぐんぐんと上がる現在の日本。

最高気温の記録が毎年のように塗り替えられ、真夏日が何日も続く。

熱中症によって室内で命を落とす痛ましい事故も増えています。

暑さを我慢することが、人の命さえも奪ってしまう、そんな状態になっています。

このように夏の不快さは年々増しています。

従って、夏、涼しく過ごせる家をつくることは、毎日を元気に健康で過ごすためにも大変重要なことと言えます。

そこで、涼しい家づくりのポイントをまとめてみました。

夏、涼しく過ごせる家づくりとは

夏の不快な原因は「暑さ」に「強烈な日差し」。

涼しい家づくりのためには、この2つをなんとかしなければなりません。

そこで必要なのは、「断熱施工」と「日差しのカット」。

◎断熱施工

屋根、天井、壁に高性能な断熱材を厚くいれます。

そうすることで、太陽の熱が室内に伝わりにくくなります。

◎日差しのカット

暑い夏の日差しをいかに効率よくカットするかも、涼しい家づくりには欠かせない要素。

熱を伝えやすい窓を高断熱な窓に。

軒、庇、外付けブラインドやシェードで、日よけを作ります。

しぇーど


【アウターシェード 施工例】

夏の日射しは、窓の外側でカットするのが大原則。

暑い日射しを部屋の内側からカーテンで遮っても、カーテン自体が熱くなってしまい、逆効果。

日よけをすることで、部屋に入る日射しは約4分の1に減らすことが出来ます。

また、不要なときはカンタンに収納できるのが嬉しい。

まとめ

涼しい家づくりの大きなポイントは「断熱施工」と「日射遮蔽」。

夏の暑さに強い家づくりを行うことで、エアコンの効きが良くなり、冷房費の節約にもなります。

よく、「2階の寝室が暑くなって夜寝苦しい」というお悩みを頂戴します。

断熱施工がしっかりとした家づくりを行うことで、暑い寝室も涼しくなり、夜ぐっすりと眠ることができます。

ただでさえ暑さで体力を消耗しがちな夏、睡眠をしっかりと摂ることで日々の疲れを癒すことができます。

元気な毎日のために、しっかりと暑さ対策を行った家づくりを行うことをオススメしています。

 

 

インスタグラム(中川忠工務店)

Facebook(中川忠工務店)

ページトップへ