女性に嬉しい美をつくる家

いつまでもキレイでいたいというのは女性なら誰しも願うことですよね。

でも、仕事に家事に子育て。

なかなかご自身にかける時間が無いのが現状です。

忙しい毎日だけど、家がいるだけでキレイのお手伝いになる空間だったらどうでしょうか。

女性のキレイを守る家づくりについてご紹介します。

ポイントは、室内の空気を綺麗に、そして湿度コントロールが上手にできる家

ヒトが1日に口にするのは約85%が空気と言われています。

重さにして約20キログラム!

私たちは無意識のうちに大量の空気を身体に取り込んでいます。

そして、そのほとんどを室内で吸っています。

つまり、室内の空気の状態が、私たちの身体に大きな影響を与えているのです。

空気の中でも重要なのが酸素。

私たちは酸素がないと生きていけません。

それだけはなく、酸素は脳を働かせ、やる気や集中力を高めたり、疲労回復、代謝を促進する、など、多くの働きに必要不可欠です。

そして。女性のキレイのお手伝いにも大変重要な役割を果たしてくれます。

酸素不足は、次のような症状を引き起こします。

・肌荒れ

私たちの身体を作ってくれている約60兆個もの細胞。

この細胞一つ一つが酸素を取り込んで、細胞分裂したり、修復したりを繰り返します。

酸素が不足すると、細胞が修復、再生できなくなり、お肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

つまり、肌の生まれ変わりがうまくできなくなってしまいます。

また、酸素不足は、肌の弾力を保ってくれる、コラーゲンの量も減少してしまうそうです!

コラーゲンの生成に必要な鉄分も、酸素不足で減少し、肌荒れの原因となります。

・老化がすすむ

酸素が不足すると、私たちの細胞の働きは弱くなってしまい、傷つきやすくなってしまいます。

細胞が傷つくと、老化が進行します。老化は、老化現象だけでなく病気のリスクも高まりますので、要注意です!

・太りやすくなる

同じような食事をしていても、太りにくい方と太りやすい方がいます。

これは、個人の代謝機能の違い。

脂肪の燃焼をすすめてくれるのは、リパーゼという酵素。この酵素は酸素によって活性化するようです。

つまり、痩せやすい身体になるためには、酸素は不可欠です!

・疲れが取れない、慢性疲労が続く

酸素が不足すると、体は酸素を体に供給しようとし、余計疲れてしまいます。

疲れがたまると体に蓄積される乳酸、この乳酸の排泄を早めることが疲労回復のポイントです。

身体が酸欠状態だと、この乳酸が排泄できず蓄積され、結果、疲れが抜けなくなってしまいます。

 言い換えると、酸素をたくさん取り込むことで、新陳代謝を高めたり、お肌の美しさを保ったり、疲れを取ったりと、大切な役割を果たしてくれます。

そんな大切な酸素を含む空気を新鮮でキレイな状態を保つことが、女性のキレイのためにもとても大切なことなんです。

また、汚れた空気はアレルギーや喘息などを発症させることもありますので注意が必要です。

家の中の空気をキレイに保つためには

家の中の空気をキレイに保つために重要なことは、家の気密性を上げること。

スキマだらけの家では、汚れた外気が室内に入り続けてしまいます。

そして、空気をキレイにしてくれる換気システム(※)を取り付けること。

※今の住宅は、24時間換気システムの設置が義務付けられています。

◎オススメ換気システムは「床面排気」「床下給気」全熱交換型換気システム

換気システムをつければどれも同じ、というわけではありません。

オススメは、床下給気&床面排気のシステム。

床面排気のメリットとは

チリやホコリなどの空気中の汚れは床下50センチにたまりやすいです。

この影響を一番受けやすいのは、ハイハイする赤ちゃん、小さなお子様、愛犬、愛猫たち。

ホコリや花粉などのアレルゲン物質。

床面排気にすることで、上に巻き上げることなく素早く排気。

室内を快適な空間に保ってくれます。

床面給気のメリットとは

外からの新鮮な空気を熱交換して室内へ給気。

暖房で快適な温度に保たれた室温を、回収しながら新鮮な空気を入れ替えることが出来ます。

屋外に空ける穴は、基礎からの2か所のみ、従って家の気密性を損なうことがありません。

室内の熱を逃がさず、冷暖房効率も保つので省エネにも。

つまり、換気をしても熱を逃がさないので、「換気システムを使うと家が寒くなる」という、よく聞くお悩みとは無縁です。

◎空気清浄機の役割をも果たす、換気システムの高性能フィルターで空気がキレイに。

高性能フィルターがついてる換気システムを取り付けることも重要!

高性能フィルターは、花粉除去率99.8%、PM2.5除去率98%!

室内に入ってしまう前に、花粉とPM2.5をほぼ取り除いてくれます。

部屋に入る前に空気をキレイにしてくれるので、空気清浄機よりも効果的!

家の中に入ってくる空気は、空気清浄機でキレイにした後の新鮮な空気になる、というわけです。

 気密性が高い家だからこそ、家の中の湿度を適切に保つことが出来る

そして、美肌に欠かせないのがお部屋の湿度。

キレイな女性



水分を適度に含んだぷっくりとみずみずしいお肌は思わず触れたくなります。

赤ちゃんのふわふわほっぺのように。

ですが、年齢とともにお肌の水分量は減っていきます。

特に冬は空気が乾燥しているため、皮膚からの蒸発も多くなり、放っておくとお肌の乾燥の原因となってしまいます。

お肌の乾燥を防ぐべく、空気を潤わせるために冬は加湿器を使う、、、

これは間違ってはいないんですが、気をつけないといけない点があります。

 

◎気密性の低い家だと、加湿器も役に立たない?!
加湿器

 

加湿器によって空気を潤わせるためには、家の気密性が高いことが大前提として必要なことです。

気密性とは、カンタンにいうと家のスキマのこと。

気密性が高い家ほど、家に余計なスキマがなく、空気が密閉された空間になっています。

実は、気密性が低い家では、湿度を上げようと加湿器をがんばってたいても、加湿した水蒸気は部屋を潤わせる前に、別の場所に移動してしまいます。

その場所っていうのが空気の通りの悪い押入れやクローゼット、家具の裏など。

気付いたらジメジメしてカビが生えていた、という話もめずらしくありません。

 気密性の高い家でこそ、家の中の湿度のコントロールがしやすくなります。

◎室内の仕上げ材を自然素材に

空気をキレイにしたり、湿度を上手に調整するためにおすすめなのが自然素材で室内を仕上げること。

自然素材である無垢材の床板、漆喰の塗り壁、紙クロスなど。

室内の空気を汚さず、また自然の木や漆喰は天然の空気清浄や調湿効果もあります。

 

そこにいるだけで、お肌の調子が整うおうち。

女性のキレイを保つ手助けとなる家づくりを、中川忠工務店では行っています。

 

 

インスタグラム(中川忠工務店)

Facebook(中川忠工務店)

ページトップへ