気密性が高い家だからこそ、安全な素材を使うことにこだわりたい

01 高気密・適切な換気計画でいつもキレイな空気のおうちに

家の中で過ごす時間は、人生の時間のうちの3分の2とも言われています。
長い時間過ごす家だからこそ、家の中の空気質にこだわりたいと考えてます。

やさしい家づくり【住み手にやさしいお住まいになるように】

高断熱高気密住宅のような気密性を高める家づくりでは、家の中の空気をいつも新鮮でキレイな空気で満たすことができます。

そのためには「適切な換気計画」が必要です。

言い換えれば、気密性を高めても換気がきちんとできていないと家の中の空気は汚れたまま滞留してしまうことを意味しています。

 

◎家の中の空気を汚す一番の原因は、人の吐く二酸化炭素。

実は、人の吐く二酸化炭素が家の中の空気を汚す一番の原因です。

二酸化炭素が充満すると、眠気に襲われ集中力が低下します。
勉強するお子さまのお部屋や、書斎、家族が集うLDKは特に換気計画をしっかりと行いましょう。

他にも、家の中の生活用品、生活雑貨品、さらに家づくりに使われた建材も、空気を汚してしまうことがあります。
 従って、出来る限り有害な化学物質を含まない自然素材を使うことが、家の中を身体にやさしい住空間にするためにとても大事なことだと考えています。

 

 02 からだにやさしい自然素材を家づくりにとりいれる

花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息、化学物質過敏症など、現代はアレルギー疾患に悩まされている方が多くいらっしゃいます。
だからこそ、家の中はできるかぎりヒトの体にやさしい、有害物質を含まない自然素材で仕上げることをお勧めしています。

◎出来る限り避けたい建材

・サイディングボード

・現場発泡ウレタン吹き付け

・合板フローリング

・クッションフロアー

・塩ビラッピングの室内ドア、巾木、枠他

・ビニールクロス など

 

◎おすすめの建材

・無垢材のフローリングや建具

・自然素材の塗り壁材

・食品レベルの安全な素材で作られた塗料

・紙クロス など

 

 また安全な住空間にするために、室内に置く家具や室内で使用するものにも気をつけていただきたいと考えています。

・出来る限り化学物質の入った、防虫剤や芳香剤、殺虫剤などを使わないようにすること

・化学物質を使った合板家具などを置かないようにすること

ちょっとした心がけで、室内の空気をキレイにする手助けとなります。

 

花粉症と同じように、どんなアレルギーがいつ発症するかわかりません。
また、アレルギーだけではなく病気になりにくく健康で過ごせるお住まいづくりができるように。

NAKACHUは、住み手にやさしい家づくりを行うお手伝いをしております。

 

◎参考記事
・自然素材の内装仕上げ材 深呼吸(前編)
・自然素材の内装仕上げ材 深呼吸(後編)

 


 *ご質問はLINEからもお気軽に~♪

ページトップへ