重要な換気システム。住まいの空気環境を良好に保つ。

気密性が高い家づくりを行う上で重要なのが、換気システムの選定と施工です。
今は24時間換気システムの設置が義務付けられていますが、この換気システムが住まいの空気を綺麗にし、室内の空気環境を良好に整える非常に重要な役割を果たします。

 NAKACHUの高断熱高気密住宅では、第一種熱交換換気システムを採用しています。

【配管工事中の施工例】

01 換気システムとは

換気システムとは、窓を開けなくても換気装置を利用して強制的に室内の空気を入れ換えるようにしているシステムのことを言います。
2003年より、建築基準法によって新築住宅では換気システムの設置が義務付けられています。

家の中の空気が循環していないと、汚れた空気が室内に充満しやすくなります。
汚れた空気は、私たちの健康に悪影響を及ぼします。
シックハウス症候群を発症したり、二酸化炭素濃度が高くなりすぎて気分が悪くなったり、カビやダニ、結露が発生したり・・。
どれも健康に悪いことばかりです。

また空気をきちんと流しておくことは、家の寿命を延ばすためにも大切なこと。

結露やカビ、ダニの発生は、建材にとっても劣化のスピードを早める危険なものです。
換気を怠ると、知らないうちに結露のリスクが高まり、住宅の寿命を縮めてしまいます。

そして、重要なポイントは、
「気密性が高い」からこそ「適切な換気が重要」だということです。

つまり、気密性が高まっている今の住宅において換気不足は、住宅においても、我々の体においても悪影響を及ぼすことがあるため、空気をきちんと巡らせる換気システムの設置が必要とされています。

【熱交換型第一種換気システムを導入した長尾の家】

02  気密性・断熱性が高い住宅にこそおススメな、第一種熱交換換気システム

換気システムの換気形式については、大きく分けて3つのタイプがあります。
その中で住宅に使用される換気システムは、一般的に第一種換気システムと第三種換気システムです。

・第一種換気システムは、給気・排気ともに機械で行う方法
・第三種換気システムは、給気は給気口などから自然に空気をとりいれ、排気は機械で行う方法

特に気密性・断熱性を高めた住宅では、換気システムは第一種熱交換換気システムをお勧めしています。

それは、出来る限り余分なスキマをなくして気密性を高めた住宅では、給気も機械で行うことによって、家に入れる空気をより良い状態でコントロールできるからです。

【ドイツ製の高性能第一種換気システムを採用した香里の家】

◎家に入る空気をコントロールできる第一種換気システム

たとえば、給気口に外気清浄機を設置することで、家中に入る空気をキレイに保つことができます。
そして熱交換換気システムは、換気による家の熱損失のロスを防ぎます。

「換気装置の電源を入れていると冬寒くてイヤだ」というお悩みをよくお聞きしますが、これは、換気による熱損失が起きているから。
熱交換換気システムは、屋外に排出される汚れた空気から熱を回収し、新鮮な空気を取り入れた外気を室温に近づけて、室内に給気してくれるため、換気によって室温に影響を及ぼしにくくします。
つまり、換気によって、お部屋が冬は寒く、夏は暑くなる悩みを解消します。

さらに、熱交換換気方式には、全熱交換、顕熱交換とあり、全熱交換をお勧めしています。

全熱交換は、すべての熱(温度・湿度)を交換。
顕熱交換は、温度のみを交換。

家を建てる地域の気象条件によって、全熱交換か顕熱交換のどちらが良いかは意見のわかれるところです。
比較的温暖な関西でしたら、全熱交換の換気システムで、ジメジメする梅雨時期は除湿効果が望めますし、乾燥が激しい冬は過乾燥抑制に効果的。
高温多湿な地域こそ、全熱交換がおススメです。

 

 03 最後に

熱交換システムも、様々な商品があります。
どんな商品を設置するかで、住宅の熱損失も変わってくる大切なところです。
より良い商品がご提供できるように、日々勉強し、そのおうちに合った換気システムを設置できるように努めています。

そして、もちろん配管工事もしっかりと行い、快適な家づくりができるよう精進しております。

 


 *ご質問はLINEからもお気軽に~♪

ページトップへ